携帯・デジカメ

2008年3月31日 (月)

携帯コンデジFX35

常時携帯するカメラ、LUMIX-DMC-TZ3は、 いつのまにか家内専用になり、重いPENTAX-K10Dをかかえて散歩していた。 きのう自分用にPanasonic DMC-FX35を購入した。少しは手軽にカメラを楽しむことができそう。

Panasonic LUMIX-DMC-FX35ブラックを、K10D+50-135mmで撮ってみた。

Resize1287

そのDMC-FX35で、Pentax K10D+50-135mmを撮ってみた。プログラムAEで撮ったが、露出補正量のみ-1.3とした。つや消しのブラックは精悍な感じで、これから手に馴染むよう使い込んでいけば、サブカメラとして利用価値は高いのではと思っている。

Resize1291

2008年3月 3日 (月)

報道に使用されたカメラ

広島県廿日市市大野にある、中国新聞広島制作センター(ちゅーピーパーク)1F展示コーナー。報道カメラマンが実際に使用した、名機ともいえるカメラが、展示されていた。ボディやレンズ周りはへこみ傷つき、まさに歴戦の強者に相応しい雄々しいすがただった。風雨やあらし、酷寒・酷暑にも止まることなく24時間、365日、そして40数年、耐え続けてきた証しが、そこにはあった。

ライカDⅢa。クリックで画像が拡大される(以下同じ)。

Resize1207

キャノンⅣsb

Resize1208

ニコンF

Resize1209

クリアケースの中に展示されているので、天井のダウンライトの反射光が映ったりで、鮮明な画像でない。

PENTAX K10D + smc Pentax-DA16-50mm F2.8 ED sdmで撮影。

2007年11月30日 (金)

宮島、町屋通り

宮島桟橋を出て、山側に向かってすすむと、ふつう観光客

があまり利用しない、町屋通りにつながる、トンネルがあり

ます。

Resize0840

町屋通りから千畳閣にむかう石の階段中程に、子鹿がべ

ったり腹ばいになって動こうとしません。観光客の与えるエ

サが目当てのようです。

Resize0841

細露地の奧にいるのは・・・・?タヌキ?でしょうか?ネコでも

イヌでもないようです。やはりタヌキでしょう。エサを求めて来

たのかな。

Resize0842

町屋通り、小学生、塾からの帰宅途中でしょうか、ずいぶん

楽しそうです。

Resize0843

町屋通り、少しづつ改装がすすんでいるようです。

Resize0844

母のうしろをついて行く、子鹿4姉弟、愛らしい。

Resize0845_2

2007年11月23日 (金)

エノコログサとキク

Resize0804

エノコログサ、別名ネコジャラシの花穂の写真。日本の全土

に分布し、荒れ地、道ばた、どこにでも生育してます。青々し

ていた花穂が子犬の尻尾に似ているところから「いぬころ草」

と呼ばれ、それがなまって名付けられたといわれてます。

晩秋ともなれば、すっかり灰色がかり枯れ果てようとしていま

す。右斜め上方から、陽の光が洩れ微妙なボケとなりました。

Resize0805

手入れされたキクの鉢植えが、門扉前に置かれています。15~

20cm、大玉のキクで見事です。

キクの向こうにはイロハモミジの鉢植が黄葉、やがてくる紅葉が

待ち遠しいですね。さぞ真っ赤に色づくことでしょう。

Resize0806

2007年11月21日 (水)

スズカケノキの黄葉

Resize0783

スズカケノキ、別名プラタナスの黄葉した葉。

Resize0782

スズカケノキの枯れた落ち葉。あさ陽がまともに落ち葉に

降り注いでいます。オレンジ色に変色した落ち葉も、意外

ときれいですね、自己満足かな・・・・・

2007年11月20日 (火)

さくら紅葉、ため池

Resize0790

ボランティアの人が落ち葉を掃除してます、ごくろうさまです。

あさ陽が、まともにさくらを照らし清掃する人の影をとおく伸ば

してます。

Resize0791

ブランコを覆いかぶすように枝葉を拡げた、さくらの紅葉。

Resize0792

ため池に写る農家。あきを感じさせてくれます。

2007年11月14日 (水)

前空台公園の紅葉

廿日市市前空台に足を伸ばしてみました。近年新しく開発

された住宅団地ですが、目に付いただけでも公園が4カ所

あります。前空台1号公園北側、見事な紅葉がはじまって

ます。カエデの仲間のトウカエデのようです。

Resize0772

光沢のある葉、先が三つに裂け、やや切れ込みは浅い

(深いものもある)。もみじ型の葉は頭をすこし垂れぎみ

ですね。緑色から黄色~朱色~紅色と葉の色が変化す

ることもあって、ながく観賞できます。

前空台3号公園では、さくらの紅葉がみられます。これも

きれいに色づいています。

Resize0774

春は花を、夏は青葉を、秋には紅葉を、冬には伸びやか

な枝振りをみせてくれる、”さ・く・ら”日本人が最も好きな

花であり樹木ですね。

2007年11月10日 (土)

柿の実

Resize0759

雨上がりの柿の実に水滴がキラリと光っております。

こちらの柿の葉はミドリをのこし、紅葉には間があるよう

です。

2007年11月 8日 (木)

お茶の花

Resize0757

お茶のつぼみ、右下には花が咲いています。むかしは、

農家の庭には、庭木や生け垣として、よくお茶の木が植

わっていました。自家用として栽培されていたのでしょう

けど、食生活が豊かになるにつれ、次第に忘れさられて

きました。じつはお茶の花が咲くのは余りよいことではな

いのです。晩秋から冬にかけて栄養分を蓄える時期に、

花が咲くと養分を花に吸い取られ、美味しい新茶にはな

りません。茶畑の管理が十分でなく土壌や環境がお茶の

木にとって、芳しくない場合に花が咲くそうで、お茶どころ

や有数の茶園は、さすがに咲かせることはありません。

茶摘みや栽培に無縁なわたしたちは、こんな花も可憐で

つましい感じがいたします。

2007年11月 7日 (水)

カリンの実

Resize0756

いい香りがするので見上げると黄色く熟したカリンの実がな

っています。実は熟しても生では食べられませんので、砂糖

漬け、蜂蜜漬け、あるいはカリン酒などにすると美味しいそう

です。採取するのは、12月に入って暗黄色になった頃がいい

のかな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー