« 可憐なベゴニア | トップページ | 夜開くサガリバナ »

2008年9月 2日 (火)

バショウ科の花

バショウ科は主に熱帯地方で多くみられますが、比較的耐寒性が高いものもあります。誰でも知っている、バナナは果実を野菜や果物として利用しますね。また芭蕉布、マニラ麻など繊維作物として栽培されるものもありますね。こんかいは、バショウ科の花を撮ってみました。

東南アジアに育つ、ヘリコニア・プシタコルムという名の花です。

Resize1762

ペルーやハワイでみられる、ヘリコニア・ロストラータです。

Resize1763

東南アジアで花開く、ビシンショウです。

Resize1764

中国南部山岳地帯に生息する、チュウキンレンです。

Resize1765

ムサベルチナです。

Resize1766

« 可憐なベゴニア | トップページ | 夜開くサガリバナ »

コメント

チュウキンレン、おみごとです。
見たことがありますよ。

ビシンショウ、ムサベルチナ、これは知りませんでした。でも、バショウ科って、花より果実のほうですから、縁がないだけかも・・・

チュウキンレン、はきれいです。
黄色の色は、バナナを思わせますね。

ariawase さん、お早うございます。
チュウキンレン、きれいですね。わたしは、はじめて見ましたから、写しながら、ワクワクしました。

みとおさん、おはようございます。
みとおさんは、植物に詳しいのですが、それでもご存じなかったのですか。
5つのうち、二つですか、わたしは、すべて初めてです。ずいぶん違いますよ。

こおじさん、お早うございます。
仰るように、バナナを思わせますね。
じっさい、チャイニーズ・イエロー・バナナと云われているのではなかったでしょうか。
色は、まさにバナナ色ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バショウ科の花:

« 可憐なベゴニア | トップページ | 夜開くサガリバナ »