« 宮島水族館、大小の水槽 | トップページ | ゴマフアザラシのポーズ »

2008年9月13日 (土)

さんご礁の魚たち

さんご礁の魚たちです。背びれが長く伸びた、白と黒はハタタテダイ、下の赤いのはアカマツカサ、白黒の横縞模様がカゴカキダイ、赤いタイのように見えるのがヒブダイです。

Resize1807

ハタタテダイ、比較的飼いやすい種類で、見た目も美しいために、古くから観賞用として親しまれている魚です。

Resize1808

上がバラハタ、名のとおり鮮やかな朱色で、全身に赤色の小さな斑点があります。下はテングダイ。水深40~250mの岩礁やその周辺にすみます。

Resize1809

« 宮島水族館、大小の水槽 | トップページ | ゴマフアザラシのポーズ »

コメント

いやぁ~、美しいですね。
いろんな色の魚を、見ると気分がいいです。

あきあじさん、おはようございます。
ハタタテダイが、人気がありますよ。
テングダイもよくみる魚ですから、親しみをかんじます。

まあぁ、きれいですわね。
ハタタテダイ、テングダイ、可愛いからすきです。

シマシマのお魚が2種類かな?、洋服を着ているみたいで綺麗です。
バラハタの模様も色も綺麗ですね。
泳いでいるのでしょう。綺麗にお撮りですね~。

baraさん、こんばんは。
きれいで、可愛いらしいので人気があります。この水族館でも同じです。
撮るのに順番待ちでした。

kazuyoo60 さん、こんばんは。
きれいですね、ほんとに不思議だし、かんしんします。
ISO感度を上げないとまず、無理です。
フラッシュは水槽に反射してうまくないですから、けっこう神経を使いますね。

きれいデスネ!
なごみます

fdfさ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さんご礁の魚たち:

« 宮島水族館、大小の水槽 | トップページ | ゴマフアザラシのポーズ »