« 温室の植物 | トップページ | 庭園の仄かな灯り »

2008年9月16日 (火)

近未来都市へ

広島市交通科学館、3Fを占有した直径20mの巨大な交通パノラマ模型です。空港、オフィス、文化・アミューズメント、住居・学校、シティリゾート、生産・物流の6つのエリアと、これらをむすぶ乗り物・交通のシステムを模型で構成しています。

Resize1817

Resize1818

近未来都市では人々の暮らしと乗り物が毎日の生活の中でどのように関わっているかを見ることができます。高速列車、乗用車などが行きかい、大人にも楽しめる空間構成となっています。

Resize1819

Resize1820

« 温室の植物 | トップページ | 庭園の仄かな灯り »

コメント

近未来都市、機能的な構成になっていそうです。最後の4枚目の写真、スポーツ施設が造られていますね。実現可能のようにもみえますね。

明りの角度がいいですね。
照明をぐっと抑えめにし、落ち着いた感じがとてもいいです。こんな近未来都市住んでみたいと思います。

模型とも思えない、凄いシティです。
こんな空間は、とても好きです。
高速鉄道、高速で走る自動車の音が聞こえてきます。いいですね、こんな写真も・・・・

ariawase さん、おはようございます。
多目的競技場やテニスコートなどスポーツ施設が充実しています。こんな未来都市だと生活しやすいですね。

こんどる さん、お早うございます。
照明、ですか、たしかにポイントにスポットを当てる、工夫がされているようです。雰囲気が落ち着いてることは、ほっとする空間でもありますね。

つわぶき さん、お早うございます。
実現可能な近未来都市の提案となっていますから、近い将来新たな展開が図られるかも知れませんね。ちょっと、変わった視点で撮ってみましたがお気に召してうれしくおもいます。

kotarou-titiさん、おはようございます。
きょうは、ちょっと雰囲気のちがった写真ですね。近未来都市、夢があってワクワクする感じ・・・とてもステキな写真
こんな街にも住んでみたいです!

立体交差の乗り物、もう実現しているでしょう。さあ、私の想像ですが、1人乗りの空中移動できるもの、そんなのがあれば良いなと思います。それもうんと小型ので。想像は理論無視でも許されるでしょう。(笑い)

bara さん、こんばんは。
今回は、趣向をかえて撮ってみました。
ミニ都市のモデル、あちこちでよく見ますが、これは生活をテーマとしているところが、ユニークに思いました。わたしも、baraさんのご意見に賛成です。

kazuyoo60 さん、こんばんは。
仰るとおり、一つ一つは、別に目新しい中身は何もないのですが、実現可能な都市空間を、トータルで表現しているところが、面白いと思いました。
想像の世界、漫画の中の世界を描くのでなく、このコーナーは、現実的なトータルシティの素晴しさをかんじさせてくれますね。
しいて言えば、絵空事ではない、といったところでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近未来都市へ:

« 温室の植物 | トップページ | 庭園の仄かな灯り »