« 鉄道模型 | トップページ | 葉鶏頭と朝顔・秋桜 »

2008年9月29日 (月)

やま里にもあきが

やま里にも秋が、訪れています。わら縄で造られた竜神。地元の人の制作のようですが、おみごとです。

Resize1873

小さな堰の畔にヒガンバナがひっそり咲いています。

Resize1874

葉が少しづつ色づきはじめました。

Resize1875

小さな堰に、落ち葉が漂っています。いま少し経つと紅葉が美しいのでしょうが、まだまだですね。

Resize1876

« 鉄道模型 | トップページ | 葉鶏頭と朝顔・秋桜 »

コメント

初秋を感じますね。
落ち葉と滝の写真は、しっとり感があってすばらしいです。ヒガンバナもいいです。

藁でつくった竜神、素晴らしい出来栄えですし、ヒガンバナと堰のしゃしんもいいです。
秋を感じさせてくれますね。

竜神、藁でつくったとは、思えませんね。
見事です。

お早うございます、ヒシノミさん。
秋を感じていただけましたか、実際は、夏真っ盛りとはいえないまでも、かなり暑い一日でした。しかし、木の葉や、ヒガン花などすこしづつ、季節の変わり目が感じられますね。

みとおさん、お早うございます。
この竜神は、凄かったですよ。とても一般の人がつくったとは、思えませんでした。世の中には、隠れた人材がたくさんいるのだなあと、思いましたね。

お早うございます、こおじさん。
地元の人の、労作に感激です。ちょうど神楽の奉納が見られて、大蛇退治のシーンとそれは素晴しくマッチして見物客も拍手喝采でした。

なんとまあ、器用な方がいらっしゃいますね。思いもつかないわら細工です。
とても勇ましい龍、ちゃんと守ってくれてますね。
彼岸花がぽつんとですね。群生を見慣れていますが、これも良いです。
お水の綺麗なこと、これが一番嬉しい情景です。

kazuyoo60 さん、こんばんは。
世の中には、隠れた才能を持った人が大勢いますね。それにしてもたいしたものでしょう。この舞台で神楽をやっていました。迫力がありましたよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やま里にもあきが:

« 鉄道模型 | トップページ | 葉鶏頭と朝顔・秋桜 »