« 近未来都市へ | トップページ | 名月とライトアップ »

2008年9月17日 (水)

庭園の仄かな灯り

廿日市市大野亀ヶ岡、山腹に建つ「海の見える杜美術館」。その敷地内にある”四季の杜”日本庭園のライトアップです。

Resize1822

日中は、子供たちの歓声で賑わう、水遊びコーナーのライトアップです。

Resize1823

桜並木は、秋の気配を漂わせて、しずかに暮れていきます。

Resize1824

9月14日、仲秋の名月、雲の合間にその姿をみせてくれます。

Resize1825

« 近未来都市へ | トップページ | 名月とライトアップ »

コメント

夜の庭園、ライトアップの灯りだけでよくうつりますね。黄昏時でしょうか。
美しい写真です。

美しいです。ライトアップは、写すのが難しくて、いつもピンボケの量産です。
1枚目がいいですね。

幻想的というのでしょうか、きれいに撮ってますね。家内がいいなあ~、といってます。
夏が終わり、中だるみの体調ですが、気合いを入れなおして、ぼくもいい写真を撮りたいです。

10秒くらいのシャッタースピードになってますが、三脚を使ってもなかなか、上手く撮れませんね。
kotarou-titiさんは、以前アサガオのカーテンでも、きれいに撮っておられましたね。
ライトアップの夜景はいつ見ても、印象的です。

hirosaki-aさん、おはようございます。
むろん三脚を使用して、25秒前後で写しています。最後の月の写真は、5秒くらいです。ライトアップといっても、わずかな灯りですから、普通に写せば、真っ暗ですね。ストロボ焚いても、遠くは無理です。

こおじさん、お早うございます。
やはり三脚使用を使用しています。
ピンのずれは、MFだと被写体が暗いので、合わせずらいですね。勘に頼りますからピンボケはありますよ。上手な人のそのコツを聴いて、教えてください。

雷太さん、お早うございます。
奥様におほめいただき、恐縮です。
でもまだまだですね。幻想的な雰囲気をだしたいとは思うのですが、なかなかです。
やはり、アングルがまずいいのだと思います。

こんどるさん、お早うございます。
24・5秒なんです。月の写真は6秒ですけど。アサガオのカーテンの場合は、ライトがかなり強くうまく撮れましたけど、この庭園は、ほのか、という感じです。肉眼でも、暗く感じました。

流れの中に灯りをですか。
いろんな楽しみ方がありますね。昼とは違って、また綺麗です。
奈良でも十六夜の月が綺麗でした。

夜景がとってもきれいです。
日本庭園の雰囲気がしますわね。ライトに輝いて美しいです。

kazuyoo60 さん、こんばんは。
水中ライトですね。最近の噴水や池などでも良く見かけます。夜景は汚れを隠して美しく見せますまらね、なんでもです。

bara さんこんばんは。
夜景の風景を楽しんでいただけて、とても嬉しく思います。
そのようにコメントしていただけると、励みになります。
有難うございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭園の仄かな灯り:

« 近未来都市へ | トップページ | 名月とライトアップ »