« 宝珠争奪は・・・ | トップページ | 君田町ひまわり畑 »

2008年8月 7日 (木)

その日の厳島神社

若者たちの激しい宝珠争奪戦がおわり、その日の厳島神社は、いつもの静かで厳粛な雰囲気になります。

厳島神社南側の出口付近から、本社付近を撮っています。引き潮にかかっています。

Resize1681

西南側の砂浜から厳島神社祓い殿をみています。潮は徐々に引いていきます。海上に浮かぶように建つ厳島神社の荘厳なすがたです。

Resize1682

神社東側、山の手側から本殿をへて、朱の大鳥居をみています。潮はすっかり引いてしまいました。

Resize1683

PENTAX K20D + Pentax 55-300mm で撮影。

« 宝珠争奪は・・・ | トップページ | 君田町ひまわり畑 »

コメント

なんと荘厳な厳島神社、桧皮葺の苔むした甍がいいです。本殿のむこうに朱の大鳥居が、いい構図の写真ですね。

大胆にカットされた、構図がいいです。
全体の神社写真では、絵葉書のようで味気ないですものね。

裏側から撮った厳島神社の、桧皮葺の屋根が、美しい曲線を描いてスバラシイデス。

鮮やかな朱色の回廊が海に映えて、とても美しいですね。
神社と奥の鳥居が素晴らしい風景です。

屋根の反り具合、朱塗り、すべてが計算されつくした美しさに感じます。
わが世の春を謳歌した平家が、工事の難しい海の上に社を築いたのは、この美のためでしょう。
海水面が上がったら、南の国スバルだけでなく、ここも危ういですね。それも心配です。

ariawaseさん、お早うございます。
檜皮葺の屋根の美しさは、とても素晴らしいモノがあります。苔むした雰囲気が良いですね。

こんどるさん、おはようございます。
カットしたというよりは、55mm-300mmズームですから、やむを得ない、というのが真相です。

おはようございます、追浜人さん。
屋根の曲線は、どこの神社仏閣でも同様に美しいです。バランスの妙は確かにあると思います。

guru-guru さん、お早うございます。
朱塗りの回廊や神社本殿などは、朱色だから美しいんでしょうね。真紅だと古色の雰囲気にはそぐわないでしょうから。コメント有り難うございました。

kazuyoo60 さん、こんにちは。
海の上に建造する神社、発想がとてもユニークですよね。
回廊の歩行する板は、一枚一枚外れようになっていますが、これを、超える回数が最近増加したようです。海面の上昇なのか、陸地の下降なのかよく、わかっていないみたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その日の厳島神社:

« 宝珠争奪は・・・ | トップページ | 君田町ひまわり畑 »