« 赤いダリア | トップページ | 百日紅、スイカの花 »

2008年8月 3日 (日)

黄色のダリア

黄色いダリアもきれいです。ダリアは、日本に1842年(天保13年)頃、オランダより長崎出島を経由して、江戸巣鴨に導入されたと言われております。その頃は天竺牡丹と呼ばれ、ダリアと呼ばれるようになったのは徳川末期になってからとのことです。
その後、明治30年頃から急に栽培が盛んになり、大正から昭和初期にかけて最高になったようです。

Resize1669

Resize1670

Resize1671

PENTAX K20D + Sigma 17-70mm で撮影しました。

« 赤いダリア | トップページ | 百日紅、スイカの花 »

コメント

いいですね、ダリア。2~3枚目、種類が違うようですね。

キクのようなダリア、ほんとに迷いますね。
2枚目の前ボケ、いい感じです。
3枚目の後ボケも好きです。
ビシッと決まった写真は、清々しく感じますね。

kotarou-titiさん お早うございます。昨夜開通しました。
久しぶりに管弦祭から黄色のダリヤまで見させて頂きました。
相変わらずすばらしい写真ばかりで、kotarou-titiさんの情熱が伝わってきます。
また少しずつ頑張りますのでよろしくお願いします。

ariawase さん、お早うございます。
そうです、わたしもキクのようなヒマワリのような、迷いましたが、調べてみますと、ダリアはキク科だけに似てるんですね。園芸品種家は、イロイロの種類をつくりますから、わからないのは当たり前なんでしょうか・・・・

guru-guru さん、迷います。ネットで調べますと、ダリアの花びらイロイロです。
2~3枚目のボケは意識的に撮ってみました。お気にいっていただき有り難うございます。

tanikei さん、お早うございます。
お引っ越しは無事終了しましたか。暑い部屋から涼しい部屋へ、わたしも引っ越ししたいですね。でも、配線のことを考えると、どうしても躊躇してしまいます。
暑い夏ですが、気合いを入れて、今日も炎天下の中に出かけていきます。

花弁の変化が綺麗ですね。
下の花は昔我が家にあったように思いますが、名前を思い出せません。

kazuyoo60さん、こんばんは。
花びらの形が、イロイロと楽しめます。
種類が違うのでは、と思うようなものもありますが、品種勾配が進み、品種の垣根が薄れてるように思います。
良いことなのか、良くないことなのか、判断できませんね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄色のダリア:

« 赤いダリア | トップページ | 百日紅、スイカの花 »