« 宮島水中花火’08、フィナーレ | トップページ | 青空に金魚ねぶた »

2008年8月19日 (火)

青いそら、金魚ちょうちん

江戸時代からの商家がのこる山口県柳井市。金魚ちょうちんまつりは、8月13日におこなわれました。真っ赤な金魚ちょうちんが、青い空に映え白壁の町並みにすっきり溶け込んでいるかのようです。

Resize1718

Resize1719

Resize1720

PENTAX K20D + Sigma 24mm F1.8 EX DG macro で撮影。

« 宮島水中花火’08、フィナーレ | トップページ | 青空に金魚ねぶた »

コメント

崖のうえのポニョ。そんな感じですね。
とぼけた、ような愛嬌をかんじます。
いい写真、ほっとします。

そらが青いですね。すばらしいブルーに赤と白のひょうきんな金魚ちょうちんがピシッと決まってますねえ。
川風になびく提灯がさわやかにも感じます。

おはようございます
青空に赤い金魚の色が映えていますね。
金魚祭りがあるぐらいですから、金魚の生産地なんでしょうか。全国津々浦々色んな行事があるのですね。         風来坊

青、白、赤、緑、色彩が、配色がいいです。
暑さを忘れさせてくれます。

ariawase さん、お早うございます。
ポニョ、と似てますか。そういう人も確かにありますね。人間になりたいポニョ、気持ちよくわかります。

あきあじさん、お早うございます。
川風に引きちぎられそうでした。壊れやすそうですが、意外にしっかりと作られています。90分コースと30分の2コースで、金魚ちょうちんが作ることができる体験コーナーがあります。作ってみたいですね。

sake.gorouさん、おはようございます。
金魚の生産地ではないようです。
江戸時代に子供たちの遊玩具として、当時の人はどなたも金魚ちょうちんを作ったそうです。そうした伝統玩具が柳井市のおみやげ物として人気があるそうです。

優雅ですね。どのお宅のノキにもあって、綺麗で良い雰囲気です。
光も入るのでしょうか。綺麗な金魚たちです。

guru-guru さん、おはようございます。
暑さを忘れていただければいいのですが、実際は、ほんと暑かったですよ。
救いは、2時過ぎから、抜けるような青空が広がり、さわやか気分が味わえました。

kazuyoo60 さん、おはようございます。
かわいらしいでしょう、古い商家が残る柳井市の街並みには、こんな、ヒョウキンな金魚ちょうちんがよく似合いますよ。
日が暮れますと、灯りがともり、とても幻想的な雰囲気が味わえます。

まあぁ~、とてもかわいらしい金魚、宮崎駿監督の”崖の上のポニョ”を想像します。
空がとても青くきれいです。さわやかな秋の空のようで清々しい気持になります。

かっわいぃ~。ひとつほしいわ。
空がとてもきれいでぇ~すぅ

花火もとてもきれい、うっとりしちゃう。

bara さん、こんばんは。
ポニョにイメージが似通ってますよね。
ポニョは、人間になりたい魚なんですが、金魚も人間に親しまれたところが共通のところがありますね。
秋の空、たしかにそんな感じがしますね。待ち遠しい気持ちがそんなイメージを与えるのでしょうか。

tumugiさん、こんばんは。
空の色は写すときにきれいだなあ~と思ってました。
花火までご覧になっていただき有難うございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いそら、金魚ちょうちん:

« 宮島水中花火’08、フィナーレ | トップページ | 青空に金魚ねぶた »