« 宮島玉取祭 | トップページ | その日の厳島神社 »

2008年8月 6日 (水)

宝珠争奪は・・・

8月3日(日)、宮島玉取祭。悪戦苦闘の末、宝珠台に上った者は、宝珠を海に投げ落とし、第二の戦いが始まります。

見事宝珠をつかみ取った若者は、地元宮島町の博多翼さんでした。高々と宝珠を挙げ、海に投げ落とします。

Resize1678

海に落ちた宝珠の奪い合いが第二の戦いです。若者たちの戦いが、いつ果てるともなく続きます。

Resize1679

宝珠、争奪戦の場から、するすると抜け出したのは、廿日市市の大越亮二さんでした。

宝珠の「落とし主」と「取り主」の二人は、幸運が約束され、その名誉がいつまでも讃えられることになります。

Resize1680

PENTAX K20D + Pentax 55-300mm で撮影。

« 宮島玉取祭 | トップページ | その日の厳島神社 »

コメント

ついに、宝珠の行方が決まりましたか。
よかった、ヨカッタ・・・・

飛び散る汗、上がる飛沫、宝珠争奪戦の緊張感が伝わってきます。
いいですね。

ariawaseさん、お早うございます。
二人の福男が決まりましたよ。いい年になることでしょう。

お早うございます、 追浜人さん。
参加者の緊張が、争奪戦をみて感じられましたね。コメント有り難うございました。

嬉しそうなお顔、名誉、何にも勝るものなのですね。
お疲れ様、皆さん頑張って下さって、お祭りが盛り上がりましたね。

kazuyoo60さん、こんばんは。
若者たちのやり遂げた顔は、清々しいものがありますね。こんな表情は、スポーツ選手の、それと一脈通ずるモノがあっていいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝珠争奪は・・・:

« 宮島玉取祭 | トップページ | その日の厳島神社 »