« 積雲は低く、大きく | トップページ | 緑のカーテン、昼と夜 »

2008年8月24日 (日)

工場萌え、・・・

”工場萌え”、というわけではありませんが、広島県大竹市、山口県岩国市にもコンビナートがあります。かつて公害を生み出し、環境汚染の元凶とされた工場地帯が、なぜか見直されているようです。いまでは工場の写真集が発行されるまで人気を集めています。さらに工場見学ツアーが、街おこしの一環として企画するところも現れたと聞きます。

工場萌(も)え”と呼ばれるブームの背景について、識者は「ブログで工場の機能的な写真が紹介され、これまで見向きもされなかった工場が、新鮮な驚きをもって受け入れられたのでは・・・」と分析しています。わたしには機能的な造詣美はとても写せませんが、遠くからほんのサワリを写してみました。照明にうかぶ夜間の撮影もいいかもしれませんね。

Resize1732

Resize1733

PENTAX K20D + Sigma 17-70mm.F2.8-4.5 DC macro で撮影しています。

« 積雲は低く、大きく | トップページ | 緑のカーテン、昼と夜 »

コメント

工場萌え、よく耳にしますね。こうして、工場群をみてみますと、機能的な美しさが確かにありますね。
漁船と工場群、なんともアンバランスな組み合わせですが、日本のコンビナートでは、当たり前なんですよね。

岩国・大竹石油コンビナートですね。
九州まで規制するのに、わざわざ、広島から在来線に乗り換え瀬戸内コンビナートを見た記憶があります。徳山・新南陽にもでかいのがありました。
工場萌え、のブームはわかる気がします。
よくみれば、美しいですよね。

おはようございます
こうして工場を見ると、煙突から真っ黒の雲のような煙を出し、公害を撒き散らしていた昔が懐かしいです。
大阪でも尼崎の工場地帯を思い出します。
               風来坊

メタクリル酸メチル、プラスチックの原料ですよね。
工場萌え、はやってますね。この機能美がファンを引き付けるのでしょうね。
よくみれば、美しい姿です。

ariawaseさん、おはようございます。
漁船には、コンビナートは似合わないですよね。わが国では、これが当たり前、一昔前の海水の汚れで漁業補償が話題になったことが、うそのようです。環境対策の進歩はすばらしいです。

あきあじ さん、お早うございます。
わざわざ、途中下車されるくらいですから、あきあじさんは、工場萌え、のハシリともいえますね。

sake.gorouさん、お早うございます。
関西方面にお住まいだったのですか。
環境技術・対策の進歩は、すばらしいですね。
いまでは、当たり前のように漁船が行きかっていますが、以前は、漁協と工場の対立は凄まじかったですから、こんな状景をみると、まるで他所の国のことのようです。

こんどるさん、お早うございます。
メタクリル酸メチル、たしかにタンクの壁面にそのように書いてあります。気がつきませんでした。プラスチックの原料なんですか。
こんどるさん、詳しいですね。
工場萌えがブームなのも、わかる気がしますね。よくみれば、造形美を感じます。

造形美が人気なのでしょうか。私にもよく分かりませんが、景色に馴染んでいるようには思います。
不要なものはないはずの工場だから、萌えなんて言葉が似合うのでしょうね。

kazuyoo60 さん、こんにちは。
仰るとおりだと思います。工場群に興味を示す人もあるんですね。
公害の元凶と、たたかれ続けていた、あのコンビナートが、ですよ。手のひらを返したように、もてはやす、マスコミの報道の仕方は、偏りすぎているようにおもいませんか?。
最近のワイドショー、なんとかなりませんかね。一本筋を徹して取り組んでもらいたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工場萌え、・・・:

« 積雲は低く、大きく | トップページ | 緑のカーテン、昼と夜 »