« 夜のライトアップキャンドル | トップページ | 8.25あさひ »

2008年8月27日 (水)

パラグアイオニバスの花

パラグアイオニバスはパラグアイ・北部アルゼンチン・ボリビアに生育する一年草です。パラグアイは亜熱帯気候で、年平均気温は20~25℃、年平均降水量は1500mm前後とのことです。同じ属のオオオニバスの生育するアマゾンに比べて南で、より気温が低く、降水量の少ない地域ですが、暑い地域であることには変わりないですよね。オオオニバスに比べるとやや耐寒性が高いそうです。

Resize1746

Resize1747

この花は、葉の特徴から、熱帯スイレン?のように思います。

Resize1748

PENTAX K20D + Sigma 17-70mm F2.8-4.5 DC macro で撮影してみました。

« 夜のライトアップキャンドル | トップページ | 8.25あさひ »

コメント

しろ、むらさき、き色と、いずれも鮮やかな色ですね。夜間に撮ったのですか?。
オオオニバスの上で写真を撮る子、見たことあります。よく似ていますね。

なんと、きれいな!。
熱帯の花は、とにかく鮮やかです。
3枚目のが、好きですね。

パラグアイオニバス、きれいな花を、咲かせるのですね。いいです。

なんともいえない、色合いの花です。
パラグアイ、南米の花は、鮮やかですね。

ariawase さん、お早うございます。
4時半ごろですが、温室の中ですから、薄暗くなっています。明るさ不足ですが、手持ち撮影でなんとか持ちました。

guru-guru さん、お早うございます。
色が本当にきれいで、うっとりするようでした。黄色の3枚目は、とくにあでやかでしたよ。

パラグアイオニバスというのですか。オオニバスはあの大きな葉ですから分かります。
この黒い斑点が特徴なのですね。
花だけ見せてもらっていたら、熱帯スイレンとの区別が?ですが、ほんとに綺麗です。

こんどる さん、お早うございます。
熱帯性の花は、いずれも鮮やかです。撮るほうもそれを意識して写さないと、色飽和をお濃いそうです。

雷太 さん、お早うございます。
鮮やかさということでは、南米の花は、特筆されると思います。写していて気持ちがいいですよ。ぜひ挑戦してみてください。奥様もきっと堪能されると思います。

kazuyoo60 さん、お早うございます。
仰るように、熱帯スイレンとほとんど変わりないように見えます。花の標識どおりにアップしたのですが、いまだに?の思いを抱いています。
とくに、3枚目の黄色の花。葉っぱの特徴が切れ込みがあって、スイレンそのものですよね。間違っているかも、です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラグアイオニバスの花:

« 夜のライトアップキャンドル | トップページ | 8.25あさひ »