« 赤いゴーヤ | トップページ | 宮島水中花火’08、その1 »

2008年8月15日 (金)

ショーのあい間で

因島水軍まつりのPRをかねて、訪れた三原やっさの会場。水軍の武者が出番の合間に、ふとみせた寛ぎの一シーンです。

36°を超える猛暑日、すき間のない鎧甲を着衣して、出番を待つ武者は堪らないでしょうね。甲を脱ぎ、胸元を拡げ弱い風を少しでも通そうとする。助ける女性は奥さまでしょうか?

Resize1705

PENTAX K20D + Sigma 24mm F1.8 EX DG macro で撮影しております。

« 赤いゴーヤ | トップページ | 宮島水中花火’08、その1 »

コメント

村上水軍ですね。水軍祭りは、見たことは、ありませんが、整然とした武者行列のように思えます。家族愛が垣間見える感じですね。いいショットです。

こんいにちは
勇壮な祭りのようですね。鎧兜をつけている人は暑さでまいるでしょうね。
健気な奥さんですね。      風来坊

立派な鎧ですね。それに新しいです。各地で需要があるのでしょうね。
最高気温の中をこの恰好は、いくらお祭りでも地獄かと思います。
今朝、電池で動く扇風機付きシャツが映っていました。こちらでは望むべくもなさそうですが。

ariawaseさん、こんばんは。村上水軍を、ご存じのようですね。
ご家族のようにおもわれますか?
そうではないかと、感じましたが、確認してませんので、なんともいえませんね。

sake.gorouさん、こんばんは。
この、猛暑日に、通気性の全くない、鎧・兜ですから、もう、残酷な仕打ちですよね。
お気の毒でなりませんでした。お聞きしましたら、暑さを、通り過ぎて、ちょうどサウナの中の状態と、まったく同じとのことでした。大変でした。

kazuyoo60 さん、こんばんは。
仰るように、よく見ると、新しいもののようですね。古色がでていますと、風味も増すのでしょうが、そこまでは、望むべくもありませんね。それにしても、この格好は、見るだけでも、大変さが、わかりますけど、地獄のような感じかもしれませんね。
地域活性化とはいえ、本当にご苦労様です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショーのあい間で:

« 赤いゴーヤ | トップページ | 宮島水中花火’08、その1 »