« メマツヨイグサ(雌待宵草) | トップページ | 黄色のダリア »

2008年8月 2日 (土)

赤いダリア

ダリアといえば、夏の花の代表、メキシコの国花ですね。メキシコからスペインに種が渡り、ダールさんが開花させたことからダリアの名がついたといわれていますが、その真偽のほどはわかりません。ジョセフィーヌが愛した花としても著名です。

Resize1667

Resize1668

PENTAX K20D + Sigma 17-70mm で撮影しました。

« メマツヨイグサ(雌待宵草) | トップページ | 黄色のダリア »

コメント

おぉ~、いとしのジョセフィーヌ、とナポレオンが言ったとかいわなかったとか、ダリアにまつわる伝聞は多いです。
いい雰囲気に仕上がっていますね。

あいかわらず、爽やかに写してますねぇ。
蕾もかわいいです。

追浜人さん、お早うございます。
ナポレオンに纏わる話しは多いし、面白いモノがありますね。仰るとおり、伝聞が、ほとんどで、事実は少ないのでしょうね。

guru-guru さん、お早うございます。
有り難うございます。
このツボミ、咲く間際がいいんですよね。
待ちかねているのですが、なかなか遭遇できないですね。

ダリア大好きで~す。
情熱の花、燃える想い、夏の花ですね。
おみごとにくっきりと、写されていて、すてきです。

実在のジョセフィーヌさんは、こんなにゴージャスな女性だったのでしょう。とても綺麗なダリアです。
皇帝ダリアとか、ダリアの原種の土地なのでしょうね。
中心の燃えるような色に惹きつけられます。

bara さん、こんばんは。
ダリア、お好きですか。バラがお好きなのは当然でしょうけど、ダリアもそうなんですね。鮮やかで華やかな花ですから、baraさんにはピッタシかもしれませんね。

kazuyoo60 さん、こんばんは。
いつもコメントいただき有り難うございます。ダリアの美しさと、ジョセフィーヌの艶やかさには、共通するものがあるのでしょうか。私たちが知ってるイメージとは合ってるようにも思いますね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤いダリア:

« メマツヨイグサ(雌待宵草) | トップページ | 黄色のダリア »