« 雨上がりの花 | トップページ | 錦帯橋のなつ »

2008年7月13日 (日)

西洋人を魅了したテッポウユリ

テッポウユリは九州や沖縄、奄美諸島に古くから 自生する日本固有の百合(ユリ)です。江戸時代には「琉球百合」と呼ばれたテッポウユリが 、欧州(ヨーロッパ)に渡ったのは17世紀末のころだといわれています。それ以降、日本から大量に輸出され始め、ヨーロッパではイースター(キリストの復活祭)や教会行事の花として、使われるようになったそうです。西洋人を魅了したのは、清らかでキリッとした花の姿でしょうか?それともコクのある甘さの、花の香りなのでしょうか?

クリックで画面が大きくなります。

Resize1613

Resize1614

« 雨上がりの花 | トップページ | 錦帯橋のなつ »

コメント

おはようございます
純白無垢の鉄砲ユリ素晴らしい白が出て見事です。
暑くなってきましたがそちらの方はどうですか昨日も熱中症に全国で大分なったようです。お互いに気をつけましょう。 風来坊

いやあ~、きれいですね~。
テッポウユリって日本の花なんですか、知りませんでした。白さの際立つ写真ですね。

通年大量に出回るのはこの鉄砲ユリだけですね。自宅では難しいのです。もちろん作ったことはありますよ。高砂百合との交雑の新鉄砲ユリも我が家では生き残ってくれません。今は高砂百合を毎年種採りしてかろうじて更新しています。
奈良県内でも十津川には高砂百合が一面に自生しているのですよ。
素晴らしいお写真です。花粉も花弁も惚れ惚れです。こんなに沢山の蕾を付けて、滅多に見られませんよね。

sake.gorouさん、こんにちは。
まだ梅雨明けもありません。お天気はスッキリしない曇りがちですが、湿度は高くたまりません。
夏の体調維持には大変苦労します。散歩程度で運動にもなっていませんが、1時間あるきますと、汗びっしょりです。
水分の補給が大切なんですね。ペットボトルに冷茶でも入れて歩くことにしましょうか。

こんどるさん、こんにちは。
ユリの花は、日本が原産ものが多いそうですよ。とくに、このテッポウユリは人気者のようですね。白い色がこの花の生命線ですから、気をつかって写しました。

kazuyoo60 さん、こんにちは。
このテッポウユリは自宅の庭に咲いた花です。
kazuyoo60 さんのような、花に造詣の深い方から褒められて、家内も有頂天になると思います。さっそく伝えて喜ばしてやります。
ありがとうございました。

kotarou-titiさん 今晩は。
一瞬カサブランカの白かと思いました。
美しく撮れています。さすがですね。

tanikei さん、こんばんは。
有り難うございます。そうですね、一瞬そのように思いますね。サイドから見れば解りますけど、花びらと色に目がとまりますから、しようがないのかも知れませんね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西洋人を魅了したテッポウユリ:

« 雨上がりの花 | トップページ | 錦帯橋のなつ »