« 竹の葉の短冊と水車 | トップページ | 西洋人を魅了したテッポウユリ »

2008年7月12日 (土)

雨上がりの花

やまみちには、いろいろの発見があります。ひごろ歩かない小径だと、よけいそうですね。5時頃はどしゃぶりでしたが、いまはすっと上がったようです。

ユリズイセン、インカノユリともいわれる、アルストロメリアだそうです。

Resize1610

秋の七草で有名な、オミナエシ。通常8月ごろから咲きはじめるそうですから、これはハヤザキオミナエシかも知れません。

Resize1611

雨上がりのカスミソウ、水滴がビッシリついて、まるで別の草花のようにみえます。これは八重でしょうか。

Resize1612

PENTAX K20D + Pentax smc DFA macro 100mm F2.8 で撮影しました。

« 竹の葉の短冊と水車 | トップページ | 西洋人を魅了したテッポウユリ »

コメント

オミナエシ、名前は聞いたことありますが、見るのは初めてです。
アルストロメリアは、まったく知りません。ユリの仲間なんですね、個性的な花です。
カスミソウをのぞいて知らない花ばかり、雨粒がとても印象的です。

おはようございます
アルストロメリア水も滴る可愛い花ですね。
スミレのようです。
カスミソウは雪を被っているような感じに見えました。            風来坊

綺麗なアルストロメリアです。良く似た色のが我が家にも咲いています。
立派なオミナエシですね~。目が覚めるような色ですよ。
カスミソウにも雨粒です。八重のようですね。

かこまちさんこんにちは。わたしも、かこまちさんと同じです。花の名前は難しくって、探すのに一苦労です。

sake.gorouさん、こんにちは。
この日は明け方つよい雨が降ったものですから、どれもみなこんな感じでした。カスミソウの雨粒の様子はほんとに面白かったです。

kazuyoo60さん、今日は。
どんな花も、全てそろった植物園のようなかんじですね。ブログをみてもその種類の多さにびっくりします。素晴らしいコレクションです。植物事典か、花の図鑑を出される準備のようにも思いました。

kotarou-titiさん 今日は。
雨上がりのカスミソウいいですね。白いから凍った結晶のようです。常に芸術的。

kotarou-titiさん 今晩は。
前にクロアゲハの幼虫が蛹になったと報告しましたが私の間違いでナミアゲハでしたのでお詫び申し上げます。
ナミアゲハの卵からの1連の写真は別途サイドに近いうちに掲載しますのでよろしくお願いします。
お詫びまで。

tanikei さん、今日は。
カスミソウ、わたしも気に入ってます。
雨粒がビッシリと花びらにカランで、氷った感じに見えましたので撮ってみました。

ナミアゲハだったんですか。チョウのことよく解らないものですから、気がつきませんでした。わざわざコメントいただき有り難うございました。ブログアップ楽しみにしております。
有り難うございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの花:

« 竹の葉の短冊と水車 | トップページ | 西洋人を魅了したテッポウユリ »