« 100万人のキャンドルナイト | トップページ | トライアスロン、駆ける »

2008年6月18日 (水)

トライアスロン、漕ぐ

「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2008」、その3,自転車の車輪、ホイールの動きは、すさまじい速さです。

ペダルを漕ぐ日焼けした力強い筋肉が、日頃の練習の成果をあらわしています。この足・手・身体全体で2.5㎞、55㎞,20㎞の計77.5㎞を駆け抜けていくのですね。そのパワーに圧倒されます。

Resize1544

Resize1545

Resize1546

PENTAX K20D + Tamron SP AF 28-75mm F2.8 Di LD Aspherical[IF]macroで撮影しました。

« 100万人のキャンドルナイト | トップページ | トライアスロン、駆ける »

コメント

がらりと変わった、切り口で新鮮に感じます。たくましい脚が、力強くペダルを漕ぐ様子は素晴らしいです。

漕ぐ、タイトルがぴったしです。これですべてを言い表していますね。力漲る素晴らしい写真です。
ところで、きのうのNHK,キャンドルナイトの話ではなかったですね。残念でした。

きのうのNHK,クローズアップ現代、ちょっと違ってましたね。
ペダルを漕ぐ、この力強さが、いい写真になるんですね。

脚って、美しいんですね。こんなに大写しで見たことないですし、そんな趣味もありませんから。力感あふれるいい写真です。

おはようございます
アングルがいいですね、力強さが伝わってきます。

こんどるさん今日は。このたくましい力感がたまらなく美しく見えるのでしょうね。
ところで、6月5日にコメントいただいた、井仁の棚田のなかで、小学校の再開校はあるのか、との問い合わせのことです。きょう返事が来まして、市町村の合併もあり、財政難の折、廃止の方向で協議されるのでは?、とのことです。まことにザンネンですが、致し方のないことなんでしょうか?・・・・

ariawaseさんこんにちは。NHK私用で見ることが叶いませんでしたが、関係のない内容だったのですか?。がせねたで、まことに申し訳ありませんでした。

話しはかわりますが、6月5日の井仁の棚田、井仁小学校の休校中の件ですが、昨日メールが参りまして、難しいのでは無いかと云うことでした。昭和50年に休校になったそうですが、当時は、7~8名になれば復活との話しもあったようです。その後、平成の大合併で筒賀村もなくなり、財政事情から、廃校の協議に入るのでは?、との悲観的な見通しのようです。まことに残念です。

雷太さん、こんにちは。NHK番組、見ることができず、内容は分からないのですが、間違った情報を流してしまい、申し訳のないことです。

井仁の里、休校中の復活の件につきましては、ariawaseさんへのコメントに載せた通りですけど、現在中学生が1名、小学生が5名、幼児が2名の計8名の子ども達が住んでるそうです。休校になった昭和50年当時の条件だと、あと僅かなんですけど、現状は廃校の方向に向かいそうだと云うことです。ご心配をおかけいたしましたが、こればかりはどうしようもない、としかいえません・・・

こおじ さん、今日は。
ほんと、脚って美しいですね。たとえ男性の脚だって、贅肉もなく鍛えられた筋肉は、輝きを放っています。感動しました。

鯉じーじさん、今日は、写し取るときの角度や構図は、かなり難しいですね。念頭にあったのは、力強さをどのように表現できるか、というところでした。まだまだ未熟ですが、すこしづつ努力したいと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トライアスロン、漕ぐ:

« 100万人のキャンドルナイト | トップページ | トライアスロン、駆ける »