« 井仁の棚田-お楽しみタイム | トップページ | トックリバチの巣ではないようです »

2008年6月 6日 (金)

井仁の棚田-天空への径

広島県安芸太田町筒賀(つつが)井仁(いに)。標高500m、東西方向に拡がる、すり鉢状の傾斜地は、早苗が植わり美しく初夏の風景にとけ込んでいます。日本の棚田100選(実際には、134地区)のなかでも、石組みの法面(のりめん)構造が、ほぼ真っ直ぐで、とても美しい棚田の一つです。石積みは西日本に多く、土造りの法面が比較的多い、東日本と対照的ですね。

・・・・・

3日間つづいた”井仁の棚田”シリーズ、きょうが最終回となります。井仁地区の人々の懸命な努力で、この棚田が美しく維持されているんだなと、改めて実感いたしました。棚田まつり、井仁の方々の暖かいおもてなしで、楽しい時間をすごすことが出来ました。「青々とした盛夏のころ、こがね色に染まった実りのころ」に、また是非訪れたいと思います。こころの疲れをいやし、井仁を満喫させてもらった一日でした。

画像をクリックすれば大きくなります。

Resize1508

上の写真をよく見てください。石垣の中央、やや下側の石積みと上方の積み方が違ってますね。上の方は、丸みを帯びた川原石を、コンクリートで固めたようですが、下方のそれは、変化に富んだ石組みです。おそらく相当古いもののようです。

・・・・・

Resize1509

上の写真は、井仁の棚田の中でも、西側、もっとも?上の路から撮影したものです。井仁棚田の特徴がよく表われている撮影スポットのひとつだと思います。東の空はよく晴れて、青い空に飛行機雲が白くたなびいています。美しい風景です。

・・・・・

Resize1510

上の写真は、昼食後のオリエンテーリング時に、南側から撮したものです。水を張った棚田が、イキイキしてますね。

・・・・・

Resize1511

上の写真は、オリエンテーリング、最終ポイント、下の展望台付近から南方を撮ったものです。逆八の字に、伸びる路は、”天空への径”とも、思えるすばらしい眺めです。山の向こうは 「天上の名水」 として売られる、ブランド名の由縁 「天上山」 にいたる道のようです。

・・・・・

Resize1512_2

上の展望・休憩所付近から見た、棚田。この風景も美しいものです。

・・・・・

PENTAX K20D + smc Pentax DA 16-50mm F2.8 ED AL[IF]SDMで撮影しました。

« 井仁の棚田-お楽しみタイム | トップページ | トックリバチの巣ではないようです »

コメント

3回シリーズ、あらためて見ました。写真の印象は、悲観的ではないのですが、本文のなかやコメントのなかで実態が説明されていて、厳しさを感じてます。

すばらしい、里山、棚田は、芸術作品のようです。美しい棚田を守るには並大抵の苦労があるのでしょうが、みなさん、生き生きと生活されてるようですね。
いい写真をありがとう、でした。

棚田は、なんども行きましたが、井仁の棚田には遠くていってません。
これまで見た棚田と比べ、とても美しい石垣が素晴らしいとおもいます。土を固めた土塀でした。保全・維持が御苦労だとお聞きします。がんばっていただきたいですね。

これは、素晴らしい、どうかいつまでも、井仁の棚田がつづきますように、願っております。
フレーフレー、イイ~ニ!!!

sugoiさん、お早うございます。
棚田を保全するには、大変のようです。
2年間放置すると、棚田の形態をなさないとも聞きました。減反など地域の人出はいかんともしがたい、問題もありますが、高齢・後継者と問題山積だと思います。出来ることはなにか、真剣に考えています。

かこまちさん、おはようございます。
棚田まつりに参加して、地域の方々が明るくイキイキされてるのに敬服いたしました。問題やご苦労があるのにも拘わらず、表面には出されず、わたしたちを心からおもてなしいただきました。頭が下がります。どんなお手伝いが出来るのか、考えています。かこまちさんにもよろしくお願いいたします。

つぼみさんのお住まいの関東は、土壁が主流だと思います。こちらは、土を耕すときに出る石が豊富で、それを上手く利用されたとお聞きしました。先人の知恵と努力は素晴らしい者ですね。

ヤマシターKさん、お早うございます。
素晴らしい棚田でしょう。わたしも、初めてでしたが、トンネルを抜け目の前に拡がる風景に言葉を失うほどでした。いつまでも、残したい、失いたくない、井仁の棚田の里でした。応援してくださいね。

鳥取にも棚田があります。
3回シリーズ、あわせて読みました。きれいに撮っていますね。昼からは曇ったのですか?空の色が変化してますね。

井仁の棚田、じっくり勉強になりました。
自分で田植えに参加したような気分です。この上から見た棚田は気分爽快です。

今日のブログを見て、過去3回の棚田事情を、読みました。kotarou-titiさんの文章は、たんたんと地域の問題をのべていて、変な気負いや、思い入れがなく、素直に読むことができました。それが、カキコミの中で皆さんが、このままでは、大変なことになるとの危機感を持たれたのでしょうか?
自然に応援したくなりますね。ぼくは、遠くてなにもできませんが、あらゆる機会に、日本の原風景の素晴らしさを、かたっていきたいと思いました。井仁地域のみなさん、応援してますよ、頑張ってください。

この棚田は、いいです。No1じゃあないですか?素晴らしい景色です。

いつものことですが、深みのある、いい写真を撮られますね。棚田の美しさを十分に引き出した、といったカンジかな。

V字型に伸びた二つの道、天上山へ通ずるとあります。上へ上へと、天空に至る、井仁の里山をみてるとそんな気になります。素晴らしい景色ですね。

だいせんのゆめさん、こんばんは。
岩美町の棚田は、500枚もありますから、さぞ規模が大きいのでしょうね。一度見てみたいですね。昼から薄雲が出て、透き通ったような青空は見ることが出来なかったのですが、こうした曇もいいもんですよ。

鯉じーじさん、3日間もお付き合いいただいてさぞ、退屈だったと思います。棚田の実情を、当方の考えで突っ走ったきらいがありますから、ちょっと気が引けてます。3日間お疲れ様でした。そして、有り難うございます。

guru-guruさん、今晩は。こちらサイドの事情を書込みしたにも拘わらず、このようにご丁寧に評価してくださり有り難うございます。自分に何が出来るのか、じっくり考えていきたいとおもいます。有り難うございました。

yanbo-さん、こんばんは。
そのように思われますか、わたしも、他の棚田は知りませんが、井仁の棚田は、素晴らしいと、ほんとにきれいだと思います。

みとおさん、こんばんは。お褒めいただき感謝です。できがいいとすれば、ここの棚田が素晴らしいのだと思います。コメント有り難うございます。

あきあじさん、今晩は。下の方でこの二つの道はつながってます。ほんとにV字型になってます。急角度の棚田の傾斜を見ていますと、いつまでもいつまでも、上に伸びていく感じです。とても美しい棚田ですね。
コメント感謝いたします。

最終回になりましたか、もっと棚田風景が見たいような気になります。井仁の里は、忘れる事の出来ないほど、印象的でした。陰ながら応援します。

ariawaseさん、お早うございます。ほんとに印象に残る里でした。写真を撮るばかりでなく地域の人たちとのふれ合いが、暖かく感じられ、何度でも訪れたいですね。ariawaseさんも、応援してください。

井仁の棚田、すごくいいですね。
棚田の保全には、並大抵の努力ではないのでしょう。kotarou-titiさんのお気持ちがとてもよくわかります。子供さんは、数名のようですけど、休校が解けるのには、条件があるのでしょうか。陰ながら、応援いたします。

こんなきれいな、棚田が将来すたれていくんですか。ざんねんです。
きれいに写してるから、よけい不安に感じちゃうのかも・・・

雷太さん、今晩は。子どもさんの人数など詳細を井仁の棚田、HP管理者の方に問い合わせ中です。返答あり次第コメントいたします。

tumugiさん今晩は。いえいえ、廃れるということではなく、維持管理が大変だと云ったまでです。これからの保全は、厳しいものがあると思います。応援してください。

cocologからやってきました。素晴らしい棚田ですね。井仁の里、インプットしました。
ほかの写真も素敵なものばかりで、うっとりいました。また、おじゃまします。

ちこ さん、こんばんは。はじめましてよろしくお願いいたします。この里の棚田は、ホントにすばらしいものでした。家族構成などを問い合わせているのですが、お忙しいようで回答がありません。回答あり次第、詳細をご報告出来ると思います。また、お時間があればお寄りください。

こんばんは。休校中の小学校、どうなっちゃうんでしょう。心配です。井仁のみなさん、ガンバッテください。

ちこさん今日は。なんどもおたずねいただき、恐縮です。井仁の里に問い合わせているのですが、回答が、まだのようです。分かり次第お知らせいたします。しばらくお待ちください。コメント有り難うございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井仁の棚田-天空への径:

« 井仁の棚田-お楽しみタイム | トップページ | トックリバチの巣ではないようです »