« トライアスロン、駆ける | トップページ | キャンドルナイト、からっぽの時間 »

2008年6月20日 (金)

トライアスロン、汗奔る

「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2008」その5、ながい長い上りの坂を、ただ一点を見つめひたすらすすむ。うでや脚に滴る汗が、まぶしくひかります。赤銅色にそまり、鍛え抜かれた身体に、力が甦るような瞬間です。

総合第5位の茨城県、前田良孝選手、お得意のバイクで盛り返したようです。

Resize1551

総合67位と後退した大阪府、麻田雄嗣選手(262)、総合11位と踏ん張った福山市、津和野太史選手(414)。

Resize1552

総合65位の岡山県、三宅孝明選手。

Resize1553

和歌山県の藤本貴大選手。

Resize1554

PENTAX K20D + Tamron SP AF 28-75mm F2.8 Di LD Aspherical[IF]macroで撮影しました。

« トライアスロン、駆ける | トップページ | キャンドルナイト、からっぽの時間 »

コメント

顔の表情、さまざまですが、苦しい長坂なのに、淡々としてます。苦しいんでしょうが、さすがです。
最初の前田選手、いい表情をしてます。第5位ですか、納得です。

汗奔る、タイトルがすべてです。写真の切り込みで、一層解釈が深まります。いい、いいです。

前田選手の表情がいいですね。漕ぐでも脚のカットがダイナミックで力強さがみなぎってました。バイクの得意なだけありますね。

いい写真ですね。各選手の表情が素晴らしい。こんなレースに一度挑戦したいですね。
でも、まず体力を、根性を、気力を、機材を、その前にお金を・・・・やることなすことが、多すぎ、・・・

凄い迫力、まなざしが素晴らしく、印象的な写真ですね。挑戦してみたいです。

きれいに撮っていただきありがとうございます.カッコいいので,本人のブログに使わせていただきます!

みとおさん、こんばんは。ほんと、苦しい表情はまるで見えないですね。タフな人たちなんですね。

こおじ さん、こんばんは。タイトルがいいですか・・・、有り難うございます。「奔る」としたのは、汗が飛び散るように流れるさまを表現したかったのですが、お気に召して良かったと思います。

こんばんは、雷太さん
>前田選手の表情がいいですね。漕ぐでも、脚のカットがダイナミックで、力強さがみなぎってました。バイクの得意なだけありますね。

仰るとおりですね。記録によると、バイクはダントツのトップのようでした。ランが振るわなかったのでしょうね。残念ですね。

こんばんは、つわぶきさん。
気力・体力・資金力ですか。それに、やる気でしょうね。まだ、お若いのですから、コツコツと力を付けていけば挑戦できると思います。ガンバッテください。

yanbo-さん、今晩は。迫力ありますね。トライアスロンに挑戦される人は、並みではないですね。かっては、短距離と跳躍をやってました。バイクは向いてると思いますが、脚が太いので、若いときから長距離はダメでした。yanbo-さんでしたら、大丈夫のような気がいたします。ぜひ挑戦してください。

こんばんは、選手本人です 、さん。わざわざ、お出でくださり、有り難うございます。お断りもなく勝手に掲載し申し訳ありません。
よろしかったら、自由にご利用ください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トライアスロン、汗奔る:

« トライアスロン、駆ける | トップページ | キャンドルナイト、からっぽの時間 »