« 黄スイレンが水面に映って | トップページ | 井仁の棚田-お楽しみタイム »

2008年6月 4日 (水)

井仁の棚田-早苗映え

広島県安芸太田町、旧・筒賀村、井仁(つつがむら、いに)は、日本棚田100選のひとつです。選定条件1ha以上を、大きく上まわり7.9haもあります。6月1日は、「第10回井仁棚田農業体験会」。はやる気持ちから、10時開催の2.5時間前に到着。はやくも地区の方は、テント張りに懸命。おじゃまになってはと、さっそく下の棚田に行ってみました。棚田100選の選定条件の二つ目、勾配1/20(水平方向に20m進む毎に、1m高くなる傾斜)を遥かに凌ぐ1/6と、かなりの急勾配。この勾配がきついほど、美しく見栄えがします。 まさに井仁の棚田は、全国有数の棚田の中の”棚田”なんですね。

・・・・・

画像をクリックすれば大きくなります。

Resize1500

上の写真は、植えられたばかりの早苗と、井仁の棚田の特徴の一つ、ほぼ真っ直ぐに組まれた、石積みの法面(のりめん)です。美しい石積みですね。

Resize1501

上の写真は、ちょうど、あさ陽が田圃にあたり、映えています。比較的大きな丸みを帯びた棚田です。

Resize1502

美しい曲線を描くあぜ道が、ほんとにきれいです。上の写真。

Resize1503

”いずれが菖蒲か杜若”の言葉通り、見分けるのに難しいところですが、乾燥地ゆえアヤメと思われます。拡がる井仁の棚田。

・・・・・・

PENTAX K20D + smc Pentax DA 16-50mm F2.8 ED AL[IF]SDMで撮影しました。

« 黄スイレンが水面に映って | トップページ | 井仁の棚田-お楽しみタイム »

コメント

うわあぁ~、目が覚めました。すがすがしい棚田風景。ついに、トライされたのですね。
いつかいつか、と待ってました。念願かなって、さすがの撮り方、石垣いいですね。個々のパーツの組み合わせの美しさは、みごととしかいえません。

棚田の中の棚田、納得です。石垣がすばらしいです。すがすがしい朝の風景が伝わるようなショットです。

念願の棚田、とうとう踏み切られましたね。
満を持しての”棚田”、やはりすばらしい。
ぜひ、行きたいです。でも、こんなにきれいには、写せません、けど・・・・

まあぁ~、なんて美しい棚田なんでしょう。
人里離れた、桃源郷なんですね。急勾配の石垣は、先人の築いた遺産なんでしょうか。大切にしたいですね。

guru-guruさんお早うございます。前々から井仁の棚田に惹かれていましたから、やっと、と云ったところです。期待にそぐわず、素晴らしいところでした。なんども行きたいですね。地区の人の温かいもてなしにも、感謝です。

雷太さん、お早うございます。この石垣一つ一つの石を工夫して築かれて、ほぼ垂直に石積みされていました。少しでも耕作面積を、確保する方法なんですね。感動しましたよ。

こおじさん、お早うございます。
まさに、満を持しての棚田訪問でした。国道186号線からしばらく道なりに行くと、トンネルがあり抜けると、素晴らしい棚田が拡がっております。まさに、目が覚めたと、云った感じでした。

baraさんおはようございます。仰るように、トンネルを抜けると、そこは桃源郷でした。石積みの棚田のすばらしい曲線は、絵のようでした。また、行ってみたいですね。

おはようございます。
kotarou-totoさん、念願かなって、といった感じで、その感動が文面に表れていますね。この写真を見れば納得しますね。ちかければ、ぜひ行きたいとおもうところですね。
各地の棚田をみてますが、この石組には驚きです。美しいです。
すばらしい、棚田と風景を堪能いたしました。あすも、つづきがあるような予感がいたします。期待して待ってます。

棚田いいです。アヤメの咲く棚田は構成もみごとです。ここの棚田は素晴らしいですね。

なんと美しい風景でしょうか。朝日が田んぼに映る写真がいいですね。

追浜人さん、こんにちは。
あす、明後日と、続けたいと思います。よろしくお願いいたします。この石組はほんとに、立派です。これが、きれいな曲線を描くさまは、見事ですよ。

kimimaro-zoomさんおはようございます。朝日と棚田の構図は、頭に描いていたものでした。もっと時間が早ければ、朝焼けの風景が見られたのにと、ちょっと残念です。

hirosaki-aさん、こんにちは。時間つぶしに歩いていますと、ちょうどアヤメの花と出会いました。望遠でとれば、アヤメもシャープにとれたかもしれませんね。これは、これでいいのでしょか。

とても美しい村なんですね。棚田もきれい、石垣もきれい、写真も素敵、ほっとしますね。

凄い棚田ですね、曲線がとてもいいです。
早苗、も縁取りに合わせた曲線を描いていますね、植えるのも難しそうですね。
一枚目と2枚目は緑が綺麗で、写真の技術力の高さを感じます。写真の勉強になります。有難うございました。

はじめまして。鯉じ-じにいわれ、まいりました。すごい棚田ですね。見事に、いかずとも、この写真を見させていただき、素晴らしさが伝わります。上から2枚目のレンズは、すごいですね。また、それを、つかいこなしていらっしゃるのに、尊敬してしまいます。3枚目の写真が、とってもいいです。土手も石垣でできているのですね。松本あたりでは、土手は、土でできています。また、遊びにおよりください。素晴らしい風景ありがとうございました。

しーさーさん、お早うございます。美しいというか、感動しましたね。雲海、地元の人は、靄(もや)といってますが、これを撮ろうと慌てましたがタッチの差で見る間に風が靄を吹きさらってしまいました。ザンネンでした。

鯉じーじさん、おはようございます。
田植機が入りきらないため、ほとんど手植えだそうです。地元の人のご苦労が察しられます。お褒めいただくほどでは、ありませんが、とても嬉しく思います。有り難うございます。

きえさん、ブログ訪問ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。
棚田を撮すのは初めての経験ですから、戸惑いましたが、棚田まつりのイベントに参加し、楽しみながら撮影してきました。
諸先輩の方々のようには、とても上手く撮れませんが、ただ、自然の美しさを、あるがままに撮影する、といった撮り方にすぎません。
きえさんが、仰るよな技術も経験も無く、まだまだ素人の域を抜け出せないまま、シャッターを押してるにすぎません。

のちほど、きえさんのブログへ訪問させていただきます。楽しみです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井仁の棚田-早苗映え:

« 黄スイレンが水面に映って | トップページ | 井仁の棚田-お楽しみタイム »