« 山紫陽花はあかく | トップページ | 花ひらいたスイレン »

2008年6月 1日 (日)

キンシバイの花

庭の片隅でキンシバイがひっそり咲いていた。たくさんの雄しべが、金色の糸のようにもみえ、五弁の花びらが、梅を連想させるところから、金糸梅、キンシバイとなったそうだ。

画像はクリックすれば大きくなります。

Resize1493

Resize1494

Pentax K20D + Tamron 28-75mm F2.8 で撮影。

« 山紫陽花はあかく | トップページ | 花ひらいたスイレン »

コメント

キンシバイ、金の糸、五弁の梅、そういう意味だったんですね。
迫力のある写し方ですね。蕊がきちんと、よくわかります。

名前、知りませんでした。なんの花か気にはなっていましたが、そのままでしたが、これで氷解しました。いい写真ですね。

今晩は、だいせんのゆめさん。
名前のつけ方が面白いですね。ピンを蕊に合わせておもっきり寄せてみました。

つわぶきさん、こんばんは。
わたしも名前がわからなくて、図鑑で調べてわかった次第です。花の名前は難しいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンシバイの花:

« 山紫陽花はあかく | トップページ | 花ひらいたスイレン »