« 岩国航空ショー・ヘリ | トップページ | うす紫のフジの花 »

2008年5月 8日 (木)

あか紫のフジ棚

東広島市、三永水源地の藤棚は、約100本のフジが幅6m、長さ335mにわたって続く。5月11日まで無料開放される。今がちょうど見頃、といったところ。フジの房も最近は短くなってきたように思う。かってはもっと長く、枝垂れていたのだが、なぜなんだろう?環境の悪化が影響しているのかも知れない。

・・・・・・

フジの色はふつう、淡紫色か白い色が多いのだが、これは鮮やかなあか紫色。周囲7㎞の貯水池や、まわりの若葉に映えて美しくかがやく。

Resize1411

フジの木に巻き付いたツルと、あか紫色のフジのシダレ。

Resize1412

フジのシダレ、むかしはもっと長く伸びていたのだが、最近はみじかい。

Resize1413

PENTAX K10D + smc PENTAX-DA 50-135mm F2.8 ED AL[IF]SDMで撮影した。

« 岩国航空ショー・ヘリ | トップページ | うす紫のフジの花 »

コメント

ほんと、赤紫色ですね。あざやかで、辺りの青葉若葉をバックに一層、惹き立ちます。花の一つにピントがきてますね。そこがとてもいいです。

二枚目のフジの幹とフジの花の対比が、迫力を感じさせるすばらしい写真です。対象を変えて撮られるのって、けっこう大変ですよね。テーマがきまってると楽なんですが、kotarou-titiさんは、そのてん凄いです。

あいかわらず、うまいなあ~。アングルがいいんですよね。それと、ひかりの陰影、だから写りが気持ちイイ。

フジの色もいいですが、若葉の黄緑、
水辺の背景、太い幹、アングルがとてもいいです。

もお~ぉ、素晴らしいんだから、ほんときれいだわ。一粒一粒の花びらがステキ

かこまちさん、こんばんは。
背景を若葉にするとたしかに引立ちますね。できるだけ色の対比を考えながら、撮影しておりますが、思うようにいきません。

雷太さん、今晩は。フジの木って蔓性ですからこんなに大きくなるには何十年も必要なんでしょう。ちょっと、ピンぼけしてしまいました。

こおじさん、賞めていただきとても嬉しく思います。アングルなんて深くは考えないのですが、フジの花が活かせるようにとカメラを構えています。

鯉じーじさん、今晩は。色の対比は常に考えております。きれいに見えるには、とできあがりの写真をイメージすることはありますね。むろん、いつもではありませんけど。狙ったピントを外したときが、もっともイヤですね。

baraさん、この写真は、ねらったとおりにピンがきていました。リサイズしてますので、その点ハッキリしませんが、元画像はピシッとピンがきて、シャープですよ。実写真をお見せできないのがザンネンですけど・・・・

きれいな藤の花ですね。写真よく撮れていますね。コメントありがとうございました。パソコンブログは初めてですが、がんばります。携帯のブログはやっていましたよ。

おいどんさん、お早うございます。
携帯ブログのベテランだったのですね。初心者だと云われたので、偉そうなことを書込みいたし、誠に申し訳ありませんでした。お忘れいただければ、とおもいます。大変失礼いたしました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あか紫のフジ棚:

« 岩国航空ショー・ヘリ | トップページ | うす紫のフジの花 »