« あか紫のフジ棚 | トップページ | ツツジと春モミジ »

2008年5月 9日 (金)

うす紫のフジの花

山陽本線西条駅前のバス停。JRバスの社員に「三永水源地へは何番のりば」と聞くが、「調べてきます」。 ちかくの芸陽バス運転手さんはていねいに「7番のりばで呉行きに乗り、水源地前で下車すればいいですよ」。やっと、くだんのJRバス社員が駆けつけ教えてくれた。シーズン中くらい、手描きの張り紙くらい出すべきと思った。水源地で下車。さて、どっちに行けばいいのかな。10数人の観光客も迷ってる。通りかかった人に聞き、やっと。JRバスもだが、東広島市役所もどうかと、頭をひねったしだい。

・・・・・

きのうのフジとこれは、あきらかに色がちがう。ノダフジと標識にはでていた。庭園もきれいだし、貯水池も雄大。5月の風も爽やかだった。

Resize1414

Resize1415

Resize1416

PENTAX K10D + Sigma 17-70mm F2.8-4.5  DC macroで撮影。

« あか紫のフジ棚 | トップページ | ツツジと春モミジ »

コメント

標識のない観光地ありますねえ~。けっこう。バスは、運賃収入に関係するのに、社員が知らないなんて、考えられないですね。これでいいんですかねえぇ~。
フジの花、フジ棚よく撮れています。

いいですね、フジの花は艶やかというのか、女性の色気を感じますね。湯上がりの洗い髪でしょうか。
元画像が見たいですね。リサイズ前の・・・・
きれいでしょうねぇ~・・・・

フジの花はとてもキレイですね。今回は、幹の部分が強調されてるように思いますが、どうなんでしょうか?曲がりくねった幹がとても印象に残ります。
そこをポイントに写されてるようですね。違いますか?

hirosaki-aさん、お早うございます。
JRバス社員の知識のなさには、口をあんぐり、といった思いでした。新入社員か、転勤間もなくだったのか、不明ですが、行き先は基本知識ですからね。
それにもまして、東広島市、どうなってるんでしょうね。観光案内がないなんて、信じられません。

雷太さん、お早うございます。
風流な表現をされますね。お歳に似合わず、といったら、失礼ですけど、湯上がりの洗い髪、kotarou-titiのようなシルバー世代の使うことばですから。
表現力の多彩さに敬意を感じました。

こおじさん、お早うございます。
お分りいただけて、とても嬉しく思います。
写真を撮っていて、幹の部分がとても訴えかけてくるような感じでしたね。そこを、見ていただき、本当に感謝いたします。

フジ棚に、貯水池・お庭がぴったし似合ってますね。みごとです。水道管理の方がおやりになるとは思えないですから、庭師なんでしょうか?ほんとにキレイ。

baraさん、こんにちは。
背景がしっかりしてると、下手な写真でも引立ちますからありがたいですね。
この庭は、フジ棚をふくめて呉市水道局の職員がやってるそうです。ありがたいことですね。

今晩は、藤を写真に撮るとき、まわりの風景も撮ると凄くいい感じです。何気なく優しい藤棚って感じで、さわやかで、とても好感が持てます。廻りの緑のせいかも。

鯉じーじさん、お早うございます。
フジの花は、撮るのが難しいですね。垂れ下がった房状を主体にすると、花びらが小さすぎて、ボケタ感じになりますし、花びらに焦点を中てると、見栄えがしませんね。シダレが見事だといいのですが・・・・最近は、短くなりました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うす紫のフジの花:

« あか紫のフジ棚 | トップページ | ツツジと春モミジ »