« 十六夜の月とうさぎ | トップページ | あさ陽に映える瀬戸内 »

2008年5月23日 (金)

紅い日ので

うす雲が稜線を、覆うようにたなびくと、陽は紅く染まり、クッキリする。ファインダーを覗いてもしっかりみえる。午前5時すぎ、辺りはすっかり明るくなってきた。早朝散歩する人たちの、足もとも軽い。この時期もっとも多くなる。

5:11:20秒、尾根をすべるように昇ってくる紅い太陽。

Resize1471

5:12:47秒、日のでの昇るスピードは速い。ものの1分あまりで全貌をあらわす。黒々としたカキ筏も、あかく染まりはじめていく。

Resize1473

Pentax K-20D + Sigma 17-70mm F2.8-4.5 Dc macro で撮影した。

« 十六夜の月とうさぎ | トップページ | あさ陽に映える瀬戸内 »

コメント

こんなに赤く見えるんですか。すごくきれいですね。ずいぶん早くから散歩されるのですね。その甲斐がありましたね。こんな素晴らしい日の出を拝むことができて、お幸せですね。

この日の出、すごいですね。真紅の太陽、よほど条件が重ならないとこんな写真撮れないです。イイ感じ。

やまの稜線がかすむほどのうす雲が、這ってるんですね。赤い太陽は、新鮮です。
イイ写真を撮るには、こんなに早朝から準備んしなきゃあ~、いけないのですねぇ。

こんどるさん、お早うございます。
自宅を4時に出て、40分かかる海岸です。いくらなんでも、こんなに早くは歩きませんよ。普通の散歩より1時間半、早いですね。
快晴と予報で聞き、特別早く起きたんですよ。

お早うございます、雷太さん。

>よほど条件が重ならないとこんな写真撮れない

そうです、うすぐもが懸り、春特有のもやっとした感じの時が、いいようですね。そのかわり、風景のシャープさは無くなるのが欠点ですけど。仕方ないですね。

こおじさん、お早うございます。
仰るとおりです。この日は、気合いを入れて、1時間半も早起きしました。ほんとは、あと1時間早いと、青い瀬戸内が撮れたんですけどね。実はそれをねっらてたんですが、予定か狂いました。また、別の日の、楽しみということで、今回はガマンです。

あまりぎらつかない日の出、とてもいいです。しっとりと落ち着いて、雰囲気のある、ステキな写真です。

沈んだ色に設定したのですか。朝焼けの雰囲気がすんなり溶け込んでくるようです。いいですね。

この日の出、素晴らしすぎて、感激です。
言葉はいりませんね、有難うございます。
日の出もやはり早いですか、見逃さずバッチリですね、太陽の動き早すぎてまばたきも出来ないくらいなのに、真赤で、半欠けの太陽、しびれます。

baraさん、こんばんは。意図的にコントラスをいじらずに撮ってみました。-0.5程度にしても良かったかな、といまでは感じております。

追浜人さん、こんばんは。

>沈んだ色に設定したのですか

コントラスを変えないで、そのまま撮って出しです。baraさんにもカキコしたのですが、露出補正を-にしても良かったかな?と思っています。

鯉じーじさん、お褒めいただき嬉しく思います。
うす雲がたなびくときには、太陽のギラツキが遮られて紅く、クッキリ見ることができます。
それより、この日は、ブルーの瀬戸内を撮りに出かけたのですが、あと、30分、遅かったみたいです。シャッタースピードを落としての撮影は叶いませんでした。
ザンネンです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅い日ので:

« 十六夜の月とうさぎ | トップページ | あさ陽に映える瀬戸内 »