« 酒蔵通りに白壁のいえ | トップページ | 円通寺の枯山水 »

2008年5月13日 (火)

シャクヤク

シャクヤクの黄みかかった花びら。Paeonia lactifloraが学名だがギリシャ神話の”医の神 Paeon”の名に由来する。 これには、逸話がある。「Paeon」は、オリンポス山から取ってきたシャクヤクの根によって、黄泉(よみ)の国王「プルートー」の傷を治したという。 シャクヤクは、死者の国の王の病も治すほどの、万能薬ということで、西洋はもとより、漢方薬の中でも極めて重要な植物の一つとされている。

Resize1431

シャクヤクは、ボタンによく似ている。同じ属だから・・・はなしで、違いといえば、ボタンは木で、シャクヤクは草、というところか。

Pentax smc DFA macro 100mm F2.8 で撮影した。

                            

« 酒蔵通りに白壁のいえ | トップページ | 円通寺の枯山水 »

コメント

白と赤のシャクヤクはよく見ますが、きいろは初めてです。ソフトにキレイに撮されてとてもイイ写真です。

お久しぶりです。柔らかい花びらのシャクヤク、いいですね。すばらしいです。

ヒシノミさん、お早うございます。
白いいろから、すこしずつ黄みがかってきました。これからどんな色になるのか、楽しみです。

追浜人さん、おはようございます。
白や黄色の花びらは、実際の色に近づけるのが難しいですね。+補正でいい色になりました。
シャープに撮りすぎると、柔らかい花びらのイメージにあいませんから、これも工夫がいりますね。
少し絞りF5.6,+1.0補正で、まずまずの写りでしょうか。まだまだですね。

シャクヤクと聞かなければボタンに見えました。
色が綺麗に出ています。花びらの柔らかさも伝わってきますね。

まあぁ~、すてきな芍薬の花ですこと。きれだわ。
ほんのりとした、花びらの一枚一枚が、美しく、うっとりするような、写真ですこと。とてもいいです。

シャクナゲの花、こんなに奇麗だったでしょうか?それとも、撮り方がお上手なのかしら・・・
とてもきれいです、すてきです。

鯉じーじさん、たしかにボタンに似てます。ちがいは、木と草の違いだそうです。花なんてみな同じようです。写真をはじめる前は、ほとんど知りませんでしたし、知ろうとも思わなかったです。変るもんですね。

baraさん、白や黄色を撮すときには神経を使いますね。その次は紫と真紅です。これも難しいです。実際の色に近づけるには何枚も撮ります。

しーさーさん、こんばんは。
えぇ~、意外にシャクヤクの花はきれいですよ。特にバラ咲きは、絵になりますね。むろん、シャクヤクがキレイだから写真もそれなりに見られるんでしょうけど・・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャクヤク:

« 酒蔵通りに白壁のいえ | トップページ | 円通寺の枯山水 »