« 画角180°の風景 | トップページ | ボート、トレーニング »

2008年3月14日 (金)

葉の落ちたコナラ

コナラの枝が、青い空に映える季節になったのだろうか。ちょうど朝陽が射し込み、葉の落ちた枝を紅く染めている。よく晴れたあさのそらは、清々しい。白い雲も春のやわらぎを装いはじめているようだ。

Resize1222

Resize1224

PENTAX K10D + smc Pentax-DA ☆ 16-50mm F2.8 SDMで撮った。

« 画角180°の風景 | トップページ | ボート、トレーニング »

コメント

抜けるような碧い空が、清々しい春をの朝を運んできてますね。葉が落ちた枝も空を背景にイキイキして見えますよ。

がらりと変わった雰囲気ですね。これ☆レンズですね。青い空の階調を見事にとらえてます。深みを意識しました。

雷太さんおはようございます。意外に落葉した枝が、新鮮に感じました。春を意識した心の高ぶりなんでしょうかね。

hirosaki-aさん、お早うございます。いつもコメントいただき、ありがとうございます。
昨日までの作為的な雰囲気を、普段通りのイメージにしてみました。青いそらの階調表現は、このレンズの得意とするところのように思います。滑らかで鮮やか過ぎないところがスキですね。

kotarou-titiさん
おはようございます。
F2.8ですか 明るいレンズですね、
私もどちらかというと、広角の明るいレンズの方が使いやすいので、多用しがちでした。
空がいいです。
また来ますが、日課になってしまった。

鯉じーじさん、こんばんは。いつも訪問ありがとうございます。このレンズ使い勝手がいいので使用頻度は高いですね。なにしろ、10万円を越える価格だけに、使いまくらないと、元が取れない感じです。

こんばんは。

一枚目は空がひろーくて気持ちいいです。二枚目、葉が落ちた木もいいですよね。わたしも木が好きでよく写します。写真には自分の気持ちが出なくてもどかしい思いもします。いい色ですね。鮮やかで、でもとっても自然で。このレンズ、解像度より色ののり方がすばらしい、といつも感じます。

junkiさん、お早うございます。いつもコメントありがとうございます。本格的な春が来るまで、写真のストックが、少なくなります。どうしても近場でお茶を濁す、というマンネリ、サイクルにはまってしまいがちです。困ったときの海と山、のパターンで、新鮮みはありません。すこしずつ工夫をしてるつもりですが、進歩しないですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉の落ちたコナラ:

« 画角180°の風景 | トップページ | ボート、トレーニング »