« 看板・秤・十露盤 | トップページ | 飛行機ぐもが一直線に »

2008年3月22日 (土)

白壁の街、柳井

柳井はいまも、かって周防国(すおうのくに、現山口県の東南半)の、商都と呼ばれた町に相応しい、白壁、土蔵づくりの豪商・旧家が多く建ち並ぶ町である。なお、現山口県の西半分は長門国(ながとのくに)であり、周防国・長門国を併せて、萩藩または長州藩とよばれた。幕末から明治にかけて、炎のごとく革命に奔った藩のひとつである。

せまい掛屋小路(かけやしょうじ)に面して、お茶をたのしむことができる店舗(みせ)もある。

Resize1262

風格のある中庭を囲むように、住まい、内蔵、泉水。

Resize1263

格子のむこうに庭を隔てて、白漆喰塗りの土塀がみえる

Resize1264

PENTAX K10D + smcPentax-DA16-50mm F2.8 ED SDMで撮った

« 看板・秤・十露盤 | トップページ | 飛行機ぐもが一直線に »

コメント

倉敷には、何度か訪れましたが、柳井も趣のある町ですね。ぜひ出かけたいと思います。露出を抑えた家並みが素晴らしい風情をみせてくれます。いいですね。

こんどるさん、お早うございます。ブログに来ていただいて有り難うございます。倉敷は大原美術館がありますから、全国的に知名度が高いですし、見るところも多いですよね。そのてん、柳井はこぢんまり、としてます。しかし、土蔵造りのまま、商いをしてるんですよ。これが驚きでした。
いちど、訪れてみてください。

kotarou-titiさん
おはようございます、
花粉症で、満開になりました。
格子戸、のぞけるところがいいですね、風情がありいい写真です。

鯉じーじさん、今晩は。花粉症は辛いらしいですね。マスクの中にまた一枚ガーゼをあてがうと、随分軽減すると聞きました。外出から帰ったときのウガイ、手洗い、実行してます。これは、風邪対策ですけど、花粉症にも効果的らしいですね。
どうぞ、お気をつけてください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白壁の街、柳井:

« 看板・秤・十露盤 | トップページ | 飛行機ぐもが一直線に »