« 海のいろは黄金色 | トップページ | 雨あがりの花 »

2008年1月11日 (金)

桜島大根の葉っぱ

変わってますね、桜島大根の葉っぱ。鹿児島の人には、大変失礼な言い方ですけど、ちょっとグロテスクに感じます。桜島大根は、桜島とその周辺で栽培されている、世界最大のダイコン。重さは10㎏前後のものが中心のようだが、20kgぐらいになるものもあるらしい。この写真の桜島大根、せいぜい5㎏前後。気候や土壌のちがいで、栽培することはできても、本場のような大きさにはならないんですね。

Resize1001

一方あおくび大根は、いまは主流です。しろくび・聖護院など、名の知れた大根を押しのけて、いま栽培されてる大部分は、あおくび大根だそうです。首の部分が長く、土の上に出てるため、採りいれるのに楽という人もいますが、辛くないことが最大の理由なんでしょうね。

Resize1002

Tamronn AF 18-250mmで撮影。

« 海のいろは黄金色 | トップページ | 雨あがりの花 »

コメント

きみわるいわ、この葉っぱ。でも、大根は好きよ、おでんが一番ね、あと、おろし大根もスキ。

tumugiさん、今晩は。角度によってはちょっと、不気味にも感じます。でも甘くて食べよい大根だそうです。残念ながら食べたことがありませんけど・・・・。


こんばんは。

たしかに葉の生え方が独特ですね。
ぐぐーっと寄って接写すると、美しいパターンに写るかもしれませんね。

junkiさんおはようございます。
接写すれば確かに面白い模様になるでしょうね。わたしの至らぬ所は、やはり素人なんですね。どうしても第三者の立場で写すんです。あまり自己主張しないんです。他人が見てこれなんだ、と疑問に思わせる工夫がいるんですね。
ことしは、多少自分を前に出すことを考えたいと思います。アドバイスありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜島大根の葉っぱ:

« 海のいろは黄金色 | トップページ | 雨あがりの花 »