« シクラメンとススキ | トップページ | おだやかな、ふゆの海 »

2008年1月25日 (金)

大竹コンビナート風景

晴時々くもりのハッキリしない天気。ゆめタウン大竹店でかみさんの買い物につきあう。屋上に出て大竹石油コンビナートをみると、しきりに白いけむりをはき出す煙突が目に入る。しばらくみないうちに、環境にやさしい対応がなされているんだと、一安心。白とグレイのくもの間から、洩れる光が寒さを和らげてくれる。

Resize1051

紅白の煙突からふきだす煙は白く環境にやさしそう。

Resize1052

Resize1053

Resize1054

かって大竹市は石油精製、レイヨン製造、製紙工場から吐き出す煙で、公害の街として住みにくいものだった。いまは、きれいで、住みやすい街となっている。

« シクラメンとススキ | トップページ | おだやかな、ふゆの海 »

コメント

山陽線で宮島から錦帯橋に行くとき、くろぐろとした、煙を吐く煙突群をみましたが、大竹だったのですね。たしかにきれいな煙のようですね。


こんばんは。

「工場萌え」とかいう写真集が売れているそうですね。
工場の景観や夜間照明を美しいと感じるひとが増えて、旅行会社からもツアーが出てるそうです。

たしかに、この2枚目なんかも、整然としたような未来都市のような日常とかけ離れた景観と、活気と力強さを観ると、ある種不思議な美しさがあるように思います。

ぼくは、コンビナートすきですね。四日市なんか、ちょっと距離ありますが、ずいぶん見にいきました。近未来のマンガの世界のようで、惹きつけられます。夜のコンビナートも載せてもらえますか?

だいせんのゆめさん、お早うございます。
以前は、仰るように灰色の空に覆われた街でしたが、いまは本当にきれいになりました。パルプの匂いも10数年前は風向きによって強く感じましたが、いまは、まったく匂わないですね。環境対策は進んでますね。

junkiさん、お早うございます。
工場萌え、ですか?工場を愛する人がかなりいるんですね。わたしの場合、暇つぶしに何気なく撮った風景のワンショットにすぎないのですが、これからは、ちがった目でとらえてみたいと思います。イイヒントをありがとうございました。

sugoiさん、おはようございます。コンビナートをお好きなんですか。四日市も規模はものすごいでしょうね。写真ありましたらみせてください。
夜のコンビナートですか、いいかも知れませんね。チャンスがありましたら、写してみます。

kotarou-titiさん来ましたよ。今日は東京からです。久しぶりですね、コンビナートの煙もうもうの写真、最近煙突も見ないですね、清掃工場の煙突もカラフルで四角いし煙突らしい物はほんとに久しぶりです。風呂屋も煙突見ないかな~。着眼点がいいですね。また来ます。2月3日に日本一の錦鯉が決まるので、写真撮ってきますので、見にきて下さい。広島の阪井養魚場は錦鯉では世界一の生産者なんです。買ったら何千万円の鯉、品評会で見てきますので宜しく。

鯉じーじさん、今日は。煙突のけむり、ってなんだか郷愁を誘いますよね。そういえば風呂屋の煙突最近は、ほとんどみません。
錦鯉の写真楽しみです。ぜひみたいです。ご連絡ください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大竹コンビナート風景:

« シクラメンとススキ | トップページ | おだやかな、ふゆの海 »