« ちゅーピー 蘭展8 | トップページ | ドリミネーション »

2007年12月16日 (日)

里山の初冬風景

山歩きをすると、落葉した樹、紅葉した樹など様々な景色が

みられますね。秋なのか冬なのか、早春なのか周りの樹々

を見るだけでは、判断できないですね。そんな風景を写して

みました。

サクラの大木はすっかり落葉し、思いっ切り枝を広げ、春に

向けて養分の吸収につとめてるようです。ちょっと見えにくい

かも知れませんが、中央やや高い枝に寒鴉が羽をやすめて

おります。

Resize0903

シダ(ウラジロ)が群生しております。正月の注連縄によくつ

かわれますね。

Resize0904

コナラの樹の下には、シイの実がたくさん落ちております。

ずいぶん紅葉が遅いようです。

Resize0905

サクラの老木にツタがからみついています。ツタを取り除か

ないと美しい花は咲かないのでしょうか?

Resize0906

« ちゅーピー 蘭展8 | トップページ | ドリミネーション »

コメント

落葉、紅葉とさまざまですね。世の中同じかあ。
いいしゃしんですなあ。

丸裸のサクラの枝に寒鴉、絶妙のバランスですね。
季節が伝わってきます。

ウラジロ、青々してますねえ。冬の景色ではないです。自然は、冬一色とはいかないのが面白い、ともいえます。

yanbo-さん、今晩は。山の中を歩いてると分からなくなります。

今晩は、guru-guruさん、寒鴉は、寂しくなりますね。落葉しきった枝の止まるとよけい寒々しく思います。

今晩は、こんどるさん、冬一色にならないところが、自然の成せる業なんでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山の初冬風景:

« ちゅーピー 蘭展8 | トップページ | ドリミネーション »