« ちゅーピーパーク蘭展 | トップページ | ちゅーピー 蘭展3 »

2007年12月 9日 (日)

ちゅーピー 蘭展2

ちゅーピーパーク蘭展その2。今回はパフィオペディルム。

パフィオペディルム(パフィオペディラム Paphiopedilum)は、

袋状の唇弁が特徴的なラン科植物で、洋ランの代表的な1

群です。地上に根を下ろす地生蘭で、洋ランでは少数派に

属します。

まず第一番目の写真。種名はセブンモンタニス。

Resize0869_3

種名は、マジックランタン

Resize0870_3

種名:エメラルドドリーム

Resize0871_3

フレイムアロー×ボードマジック×パルサ×シバースペース

の交配種

Resize0872_3

種名は、ハマナスペイス、日本名はキミコ

Resize0873_2

パフィオペディルムは、洋ランのイメージが強いが、日本での

栽培の歴史は浅くなく、歴史的に水戸徳川家のコレクションが

有名です。現在、このコレクションは水戸市植物園等で栽培が

継続されております。

また、袋状の花弁が食虫植物を思わせ、色彩もどぎついもの

があるため、気味悪いという人もいますが、虫を捕ることはあり

ません。

フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)を参考にさせて

いただきました。

« ちゅーピーパーク蘭展 | トップページ | ちゅーピー 蘭展3 »

コメント

わあぁ~い、きれいです。鮮やかなランですね。難しいでしょうね。

花びらの毛までしっかり写ってるんですね。三脚使用ですか?、手振れしますモンね・・・

期待通りの美しさですね。明日もおねがいしますぅ

まあ~、とても素敵ですわねえ。パフィオ見応えのあるランですのね。うっとりします。

guru-guruさん、こんばんは。ありがとうございます。写し方が得意でないものですから、ただシャッターを押すだけです。あまり考えますとかえってうまくいきません。初心者はこんなもんです・・・、

yanbo-さん今晩は。三脚は使用してません。他のお客さんもおられますから、じゃまになりますので、フラッシュ焚いてシャッタースピードを稼いでいます。

しーさーさん、今晩は。ご期待に添えなくて申し訳ありません。ただ、写したランは、50作品くらいありますから、下手ですけど明日も続けます。こりずにみてください。

baraさんこんばんは。パフィオお好きですか。気味がわるいと、いう人もありますけど、形が素晴らしいですね。まさに造形美と言えるんではないでしょうか。あすもパフィオです。よろしければ見てください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゅーピー 蘭展2:

« ちゅーピーパーク蘭展 | トップページ | ちゅーピー 蘭展3 »