« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

宮島の大晦日、鎮火祭

毎とし12月31日、大晦日に宮島で実施される鎮火祭。その勇壮な祭事は、師走の最後を飾るに相応しいミモノだ。厳島神社で火入れした松明を御笠浜に設けた松明に移す。

Resize0962

自分の組みの松明に一番に火を着けようと勢いよく走る若者。

Resize0963

Resize0964

Resize0965

Resize0966

Resize0967

冬のけしき

今冬一番の寒気団が、めずらしく西からやってきた。12月

30日から、北風ならぬ西の強風で、師走のまちが、その寒

気に震え上がった。大晦日から元旦は、近年にない真冬日

になりそう。

荒れ果てた農地。「休耕田、なるはススキか、アワダチソウ」

Resize0959

梅の木。今年はずいぶん実りがよく、美味しい梅干しがどっ

さりだったようだ。

Resize0960

ウラジロ。正月飾り用で、儲けさせてくれたのかな。

Resize0961

Pentax FA35mmで撮った。

2007年12月30日 (日)

歳末のSC

12月30~31日は、この冬最大の寒波がやってくる、との

予報。29日のショッピングセンターは、お正月の買い物客

で身動きが取れないほど。寒波を避け?とにもかくにも、今

日中に買い物を済ませてしまいたい、との判断からかも。

バーゲン用の平台にのった色鮮やかなセーター。カメラを

構える度に、人の手が伸び写せない。目立つ色彩には、誰

の目をも、惹きつけるよう。

Resize0957

パパ・ママの気持ちが判るのか、子ども達も心得たモノ、静か

にベンチに座って待ってる。ポップコーンたべながら・・・・・・

「もうないの~」、「これで、おわり」。とても愛らしい姉弟?の

しぐさがなんともいえませんね。

Resize0958

PENTAX-DA 50-135mmで撮影。

2007年12月29日 (土)

展示作品

広島市植物公園の展示ブース。

ポインセチアの鉢植えでつくられたクリスマスツリー。

Resize0954

ドライフラワーでつくられた、装飾デザイン。

Resize0955

ポインセチアの鉢植えなどできれいにデザインされてる。

Resize0956

屋外でライトアップされた、ハンギングバスケット。

Resize0948

Sigma 10-20mm F4-5.6 で手持ち撮影。

2007年12月28日 (金)

大温室の植物ー続

広島市植物公園内の植物の栽培、展示されてるいくつかを

紹介しよう。

ポインセチアのみごとな花びら。

Resize0951_2

コエビソウ、海老と見間違いそう。

Resize0952_2

シャウエリア

Resize0953_2

Sigma 10-20mm F4-5.6 での手持ち撮影。

2007年12月27日 (木)

大温室の植物

広島市植物公園、大温室内には多くの植物が展示栽培され

ている。この大温室は、間口35m、奥行62m、高さ21mの

総ガラス張りで、西日本最大級の規模。

室内は、熱帯・亜熱帯の約1,000品種の植物を、現地の状

況を再現しながら展示されている。

入って正面の展示スペース。

Resize0949

赤い花びらが小さくみえる。オオミノトケイソウ

Resize0950

タイワンアオネカズラ、ながく垂れ下がっている。

Resize0947

Sigma 10-20mm F4-5.6 で撮った。手持ち撮影。

2007年12月26日 (水)

植物公園、ライトアップ

広島市植物公園内の、夜景、ライトアップされたイルミネー

ションを撮影した。

ライトアップされた柿の木.。美事なまでに、たわわに実った

姿が夜空に映えてうつくしい。シャーッター1秒、三脚使用で

撮影。

Resize0941

園内の休憩所に白熱灯が一つ、1/2秒シャッター。三脚使用。

Resize0942

エリザベト音大生によるチューバアンサンブル、野外コンサ

ート。1秒シャッター、三脚使用。

Resize0943

巨大なプレゼント包装箱のイルミネーションと葉ボタン。

シャーッター速度1/10秒、手持ち撮影。

Resize0944

イルミネーションで光輝くプロムナード。1/10秒、手持ち

撮影。

Resize0945
Sigma10-20mmF4-5.6EX DCで撮った。

2007年12月25日 (火)

芝生広場、平面ツリー

3千個のペットボトルでつくった、キャンドルが広島市植物園

の芝生広場に点灯された。キャンドルライトとイルミネーショ

ンでつくった、縦65m、幅20mの平面クリスマスツリー。

これは音符、きれい。

Resize0936

トナカイにのって、家族連れが記念写真を・・・。

Resize0937

ハートマーク

Resize0938

高さ10m。竹のクリスマスツリー。

Resize0946

特設の観賞台から撮った、巨大平面クリスマスツリー

Resize0940

Sigma 10-20mm F4-5.6 で撮った。

2007年12月24日 (月)

夕暮れどき

午後5時をすこし回った。イルミネーションは灯ったけど、まだ

十分に明るい。旧全日空ホテルロータリースペースの樹木に

豆ランプをつけツリー風にしてあるが、これではよくわからな

いかな。たそがれどきのイルミネーションもギンギン、ギラギラ

でなく、しっとりと落ち着いてみえる、っと、一人よがりかな?。

Resize0933

秘密の森をテーマとしている。

Resize0934

大きな樹木の幹・枝に小さなマメ球をつけただけの、非常に

シンプルなイルミネーション。

Resize0935

PENTAX DA 16-50mm F2.8でとった。

2007年12月23日 (日)

平和公園

広島平和記念公園。平和記念公園の入り口にある噴水から

資料館→芝生広場→慰霊碑平和の池・灯原爆ドーム

が、一直線上に並んでいる。平和の灯付近の、直線上からす

こし外れて、原爆の子の像(折り鶴の塔)がみえる。

平和公園から、元安川の対岸に原爆ドーム。その奧に広島カ

ープの本拠地市民球場のナイター鉄塔がみえる。

Resize0928

原爆の子の像

Resize0929

平和の池・灯。向こうに慰霊碑をはさんで資料館、噴水がある。

Resize0930

原爆慰霊碑、遠く奧に原爆ドーム。

Resize0931

噴水の東側にある葉ボタンのはたけ。

Resize0932

2007年12月22日 (土)

前空3丁目のイルミ

クリスマスイブまで2日ですか、早いものです。個人の住宅

でもライトアップやX’マスのイルミネーションがキラキラ光っ

てます。いつもはうす暗い団地。いまは、華やかな光の競演

で、X’マスムードを盛り上げてくれます。

そんな住宅団地の一つに前空台があります。なかでも、前空

3丁目の数軒のイルミネーションは、プロ並みのデザインで

本当にきれいです。そのうちのいくつかを紹介しましょう。

Resize0920

Resize0921

Resize0922

Resize0923

Resize0924

Resize0926

PENTAX K10D + Tamron SP AF 28-75mm F2.8 で撮影。

2007年12月21日 (金)

霜のあさ~つづき

さて、秋に咲いた野花は、霜のあさ、どんな表情を見せるだ

ろうか。ノコンギクとセイタカアワダチソウを撮ってみた。

ノコンギク。道ばたや林のふちなどで、普通に出会える多年

草。本州・四国・九州の広く分布してる。11月下旬まで紫紺

色の花を咲かせていたが、いまはそのおもかげがない。

Resize0916

セイタカアワダチソウ。明治のはじめ到来し、観賞用に栽培

されたが、戦後休耕田などで野生化し広く繁殖した。花粉症の

元凶としてきらわれたこともある。

Resize0917

PENTAX K100Dで撮影した。

2007年12月20日 (木)

霜のあさ

玄関前の温度は2度、おもわずブルブルッと肩をすくめた、

やはり寒い。べつに際だって寒がりでもないのだが、この

ところの冷え込みはチョトきびしい。団地を下りた一帯は谷

間にあたるため、通常3度は低いそうだから、氷点下なん

だろうか。案の定、真っ白に霜が降りている。今日の散歩は

ショルダーバックがやたら重く感じられる。それでも、かじか

んだ手を、擦りながら何枚かシャッターを押す。

1枚目は、エノコログサ。すっかり枯れかかってみえる。あん

なに青々と、我がもの顔に生えていたのに、すっかり縮コマ

ッテしまった。ビッシリ霜に覆われている。

Resize0915

枯れススキ、これはこれで冬の風情がしてしっくり落ち着い

てみえる。まわりが、寒々と黒ずんでいるなかで、頭をしっ

かり上げる姿は凛としてみえる。

Resize0918

小道は秋のなごりをみせながら、うっすらと白く覆われて

いる。久しぶりに、早朝の里山へ分け入るのは、身体に

は厳しいが気分が爽快になる。

Resize0919

きょうは、PENTAX-K100Dで撮影した。

2007年12月19日 (水)

振り返るとあさひ

朝の冷え込みがだんだん厳しくなってきた。きょうは2度、

北国の人にとっては、なんでもない気温なんだろうけど、わ

たしはとても寒い。散歩も約1時間はスタートが遅くなってき

た。きつい坂道をのぼり、角を曲がると突然背中が明るくな

り、振り返ると急な坂道の向こうに、あさひがまともに昇っ

てくる。辺りが急に暗くなったようだ。

カメラを向け、シャッターをきる。モニターで確認。うすぐらい

画面のなかで、あさひが15枚?のはねに分かれていた。

Resize0914

2007年12月18日 (火)

基町のライトアップ

広島基町付近のライトアップを撮ってみました。

基町クレド前の巨大ツリー。 平和大通りのものより、しっか

りしたツリーです。電飾も色変わりがタイムセットされており、

見栄えがします。パセーラの照明や、大型スクリーンの派手

やかさにも見劣りしません。

Resize0911

ひろしまそごう側からの撮影。雨がポツリポツリと、降りはじ

めフロアーが濡れてくる。カメラで撮る人、見る人も急いで雨

やどりしはじめ、周りはまばら・・・・。

Resize0912

2007年12月17日 (月)

ドリミネーション

広島の冬の風物詩であるライトアップを、平和大通りを中心

に実施するひろしまドリミネーション2007に出かけた。

おとぎの国」をコンセプトに、平和大通りやアリスガーデンな

どの市内中心部で、約120万球の色とりどりの光でライトア

ップを展開する。11月17日~1月3日、17時~23時まで。

・展開が総延長2km
・電球数が120万球(昨年は99万球)
・自然木の巨大ツリーの高さが30m  は、国内最大級

Eエリア「不死鳥の丘」。フェニックスの高さ5m,幅5m

Resize0907

Jエリア「ハッピーランド」。夢の機関車の高さ3m、幅10m

Resize0908

Cエリア「ピース城」。ピース城の高さ6m、幅11m

Resize0909

Iエリア「星空のツリー」。巨大ツリーの高さ30m

Resize0913

Bエリア「秘密の森」。

Resize0910

2007年12月16日 (日)

里山の初冬風景

山歩きをすると、落葉した樹、紅葉した樹など様々な景色が

みられますね。秋なのか冬なのか、早春なのか周りの樹々

を見るだけでは、判断できないですね。そんな風景を写して

みました。

サクラの大木はすっかり落葉し、思いっ切り枝を広げ、春に

向けて養分の吸収につとめてるようです。ちょっと見えにくい

かも知れませんが、中央やや高い枝に寒鴉が羽をやすめて

おります。

Resize0903

シダ(ウラジロ)が群生しております。正月の注連縄によくつ

かわれますね。

Resize0904

コナラの樹の下には、シイの実がたくさん落ちております。

ずいぶん紅葉が遅いようです。

Resize0905

サクラの老木にツタがからみついています。ツタを取り除か

ないと美しい花は咲かないのでしょうか?

Resize0906

2007年12月15日 (土)

ちゅーピー 蘭展8

中国新聞ちゅーピーパーク蘭展その8です。

最初の写真は、シルホペタラム、種名:エリザベスアンです。

Resize0898

ポリスタキア、種名:ガレアタ

Resize0899

ソフロニティス、種名:セルヌア

Resize0900

エピデンドルム、種名:Green Hornet

Resize0901

最後は、カンラン(寒蘭)です。

Resize0902

8日間にわたって、中国新聞ちゅーピーパーク蘭展に出品

された、作品の数々を紹介いたしました。まだまだ、出品作

品は多数ありましたが、とりあえず今回をもってランの花特

集は終了いたします。また、機会がありましたらお目にかけ

たいとおもいます。

2007年12月14日 (金)

ちゅーピー 蘭展7

中国新聞ちゅーピーパーク蘭展その7、今回は、葉っぱより

小さな花が特徴のプレウロタリスです。原産はメキシコなど

中南米地方で現在約1100種ほどの品種があります。

植物園などでは、ルーペを置いてるところもあるほど、小さな

花ですからsmc DFA macro 100mmを目一杯近づけて撮影し

ております。見苦しい点はご容赦のほどを・・・・。

プレウロタリス、種名:マルテ(マーサ)

Resize0893

プレウロタリス、種名:インペリアリス

Resize0894

プレウロタリス、種名:カルディオタリス(カルディオチリス)?

Resize0895

プレウロタリス、種名:ニプテロフィラ?

Resize0896

プレウロタリス、種名:チタン(タイタン)

Resize0897

2007年12月13日 (木)

ちゅーピー 蘭展6

ちゅーピーパーク蘭展その6です。今回はいろいろなランを

紹介します。

まず第一番目は、タイ原産のバンダ(Vanda)です。バンダは

胡蝶蘭と同じ仲間で、約100種と多く栽培されています。

これは、種名:セルレア、個体名:ブルータイガーです。

Resize0887

LCレリオカトレア、種名:Anceps、個体名:Kama。この蘭展

でのグランプリ受賞作品です。

Resize0888

デンドロジューム、種名:ビクトリア レギネ、個体名:カイケ

Resize0889

LCレリオカトレア。種名:アズル マドカ

Resize0890

ブラッシジューム。種名:フライ アウェイ

Resize0891

オンシジューム。種名:ムーン シャドウ、個体名:タイガー ティル

Resize0892

2007年12月12日 (水)

ちゅーピー 蘭展5

ちゅーピーパーク蘭展その5です。今回は、ブラッソ レリオ

カトレアを紹介します。この属は、ブラッサボラ属×レリア

属×カトレア属、との3属間交配で生まれた新しい品種の

ランです。

まず種名:ブライスキャニオン、個体名:スプレンディ フュ

ラスの写真です。

Resize0883

つぎは種名:MemAnnaBulmores、個体名:Convex2000

Resize0884

種名:ブルー カヒリ、個体名:デルフト ビューティ

Resize0885

種名:ブライト アスカ、個体名:ランカ

Resize0886

2007年12月11日 (火)

ちゅーピー 蘭展4

ちゅーピーパーク 蘭展、その4、今回はカトレアです。

カトレアは、中南米原産のランで「ランの女王」に相応しい

容姿・気品を兼ね備えた美しい花ですね。花は1つから、

品種によっては20数輪つけます。春咲き、夏・秋・冬咲き

があります。

このカトレアは、種名:Lc Irene Finney

Resize0879

種名:maxima

Resize0880

種名:Princess Bells

Resize0881

種名:douiana 個体名:Blumen Insel

Resize0882

さすがに、艶やか、きれいです。カトレアはこれで終わりです。

2007年12月10日 (月)

ちゅーピー 蘭展3

ちゅーピーパーク 蘭展3,パフィオペディルムその2です。

種名:アルマケバート、個体名:マダムモーリス。

Resize0874_3

種名:パシフィックオーシャン、個体名:アン

Resize0875_2

種名:ダスキィメイダー、個体名:KY-3

Resize0876_2

種名:オルチラ、チルトン

Resize0877

種名:Harold Koopowiz

Resize0878

2日間、10種のパフィオペディルムを紹介しました。いずれ

も色鮮やかなパフィオでした、明日からは、ランの女王とい

われるカトレアの写真をアップします。

2007年12月 9日 (日)

ちゅーピー 蘭展2

ちゅーピーパーク蘭展その2。今回はパフィオペディルム。

パフィオペディルム(パフィオペディラム Paphiopedilum)は、

袋状の唇弁が特徴的なラン科植物で、洋ランの代表的な1

群です。地上に根を下ろす地生蘭で、洋ランでは少数派に

属します。

まず第一番目の写真。種名はセブンモンタニス。

Resize0869_3

種名は、マジックランタン

Resize0870_3

種名:エメラルドドリーム

Resize0871_3

フレイムアロー×ボードマジック×パルサ×シバースペース

の交配種

Resize0872_3

種名は、ハマナスペイス、日本名はキミコ

Resize0873_2

パフィオペディルムは、洋ランのイメージが強いが、日本での

栽培の歴史は浅くなく、歴史的に水戸徳川家のコレクションが

有名です。現在、このコレクションは水戸市植物園等で栽培が

継続されております。

また、袋状の花弁が食虫植物を思わせ、色彩もどぎついもの

があるため、気味悪いという人もいますが、虫を捕ることはあり

ません。

フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)を参考にさせて

いただきました。

2007年12月 8日 (土)

ちゅーピーパーク蘭展

廿日市市大野のちゅーピーパークで7日(金)-9日(日)に

「ちゅーピーパーク蘭展」が開かれ、きのう(12/7)、行って

きました。

広島洋蘭クラブなど地元のラン愛好者たちが、12月初旬に開

花を迎える品種を中心に出展、目も眩むような、艶やかなラン

から可愛らしい寒蘭まで、実に素晴らしい出品の数々でした。

胡蝶蘭と同じ仲間の、バンダ(Vanda、タイ原産)、ブルーバン

ダ。上手に育てると年に3回咲かせることができます。

Resize0864

カトレア、Hanny Rime。ランの女王の呼び名をもつ美しい花。

Resize0865

Blc(Brasso laelio cattleya)ブラッソレリオカトレア。

カトレアと近隣の属であるブラッサボラとレリオとカトレアとの

交配によってつくられた交配品種の一。3品種3枚の写真。

Resize0866

Resize0867

Resize0868

2007年12月 7日 (金)

生け垣のむこうを・・・

団地の申し合わせで、ブロックや石積み・コンクリート塀は出

来るだけ避け、みどりを中心とした植栽にしようと、このあた

りは生け垣づくりが多いのです。

小住宅にもギスギス、チマチマした感じが薄れわりと余裕が

あるように思います。ブログにも、生け垣越しの写真がかなり

あり、ずいぶん恩恵にあずかっております。

生け垣から、はみ出すばかりの植栽を撮ってみました。

ボリューム感たっぷりのヒマラヤトキワサンザシ

Resize0861

アマナツミカン、まだまだ食べるには間がありますね。

Resize0862

イロハモミジ、紅葉まっ盛り。

Resize0863

2007年12月 6日 (木)

落葉を待ってる?・・・

季節は冬とはいえ、感覚は晩秋。

あさを迎えれば、肌寒さと爽やかさを、いったりきたり。こん

な日が、しばらくつづいていくのでしょう。

やま路を往けば、落葉樹の紅葉が落ち葉になるのを拒否す

るかのように、しがみついております。見方によれば落葉と

なるのを、静かに待っているとも思えます。そんな落葉樹の

ようすを撮ってみました。

アカシデの紅葉です、まだまだゲンキのよう、茶色に枯れた

葉も頑張ってますから、いますこし色鮮やかさを増すのかも

しれません。

Resize0857

柿の葉、右側の虫食いの葉は、若芽のようです。

Resize0858

イヌブナの黄葉、一風吹けば落葉しそうです。この黄葉もとて

もきれいです。

Resize0859

やま路を下り、団地の公園に向かいますと、ソメイヨシノの紅葉

が鮮やかでした。いくぶん落葉したようですがまわりの葉は、き

れいな紅葉をしております。写真では背景が赤っぽく、ぼけてく

れました。

Resize0860

木枯らしが吹けば、大部分の葉が落葉することでしょう。やはり

紹介した葉っぱたちは、やがておとずれる落葉を、しずかに待っ

ているのでしょうね。

2007年12月 5日 (水)

やま路

歩いても、歩いても、落ち葉・・・・・・、山頭火風に表現すれば、

こんな感じでしょうか。

12月に入っても黄・紅葉はまだしっかり見ることができます。

やま路に入れば、さすがに盛りは過ぎ、落ち葉がみっしりつも

っております。

太い木の根っこがやま路を塞いでいるよう。

Resize0854

シダに木漏れ日があたり、白くひかってみえる。

Resize0855

やま路のほとりに、なぜか乗り捨てられた自転車が転

がっています。まだ十分乗ることができそうですが。

Resize0856

2007年12月 4日 (火)

夜明け前

夜明け前の写真です。この様子だと今日は久しぶりに快晴

ですね。廿日市市ふじタウンから撮った朝焼けです。

Resize0853

2007年12月 3日 (月)

どこに行くのかな

ひろしま美術館にむかって、幼い女の子が歩いています。

まわりには母親・家族らしき人は見あたりません。右手に

持ってるのは、どうやらお弁当の空容器のようです。

Resize0852

あまりにも真剣なようすが微笑ましいので、おもわずシャッ

ターをパシャリ。  後ろから

「 ○○ちゃん、ゴミ箱はむこうですよ~」、

  おおぉっと、・・・・・・・

「失礼して撮らせてもらいました、可愛いお嬢ちゃまですね」

  にっこり笑って

「 ありがとうございます」、

「おいくつですか?」、

「 もうすぐ、1才と8ヶ月になります」、

「えぇ~、そんなに、2才は過ぎておられると、おもいましたが

しっかりされてますねえぇ~」、

  ニッコリ、

かわいらしい、お母様とお嬢ちゃまでした。

2007年12月 2日 (日)

正午を待ってるの・・

広島そごうの正面玄関のからくり時計?もうすこしで正午

のメロディが流れようとしてます。見上げる母娘の真剣な

視線。待ち合わせする人、メールをする人、時を待つ人、

Resize0851

人それぞれの風景が今日もあります。

2007年12月 1日 (土)

いつもの散歩

あさ歩く付近も、すっかり秋の風景、というより晩秋の様相

をみせている。季節は冬なのに、まだまだ暖かい。

シュロの葉の向こうに、寝待月がひっそりと佇んでいます。

Resize0846

やっと、コナラ、ミズキ、シイ、クリなどが黄・紅葉していま

す。このあたりは、まだまだ紅葉が楽しめそうです。

Resize0847

イチョウの落ち葉、コンクリートの上では情緒ないです。

Resize0850

渋柿も、もぎ取りが終わり、残ったカキも少なくなりました。

Resize0849

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »