« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

宮島、町屋通り

宮島桟橋を出て、山側に向かってすすむと、ふつう観光客

があまり利用しない、町屋通りにつながる、トンネルがあり

ます。

Resize0840

町屋通りから千畳閣にむかう石の階段中程に、子鹿がべ

ったり腹ばいになって動こうとしません。観光客の与えるエ

サが目当てのようです。

Resize0841

細露地の奧にいるのは・・・・?タヌキ?でしょうか?ネコでも

イヌでもないようです。やはりタヌキでしょう。エサを求めて来

たのかな。

Resize0842

町屋通り、小学生、塾からの帰宅途中でしょうか、ずいぶん

楽しそうです。

Resize0843

町屋通り、少しづつ改装がすすんでいるようです。

Resize0844

母のうしろをついて行く、子鹿4姉弟、愛らしい。

Resize0845_2

2007年11月29日 (木)

宮島、夜景

日暮れの宮島、さすがに紅葉を撮るには三脚のお世話にな

らなければ。不精者ゆえ、三脚を持ち歩くことは、ほとんどな

い。あったらなあ~・・・・。夜景には必須ですね。

満月の前日、小望月が東のそらに淡くうかんでいます。1/5

秒では、さすがのPentax K10Dとはいえ、ぶれぶれ。雰囲気だ

けはつかんでいただけようかと慰めております。

Resize0836

宮島の砂浜から初めて撮る夕焼け、海面があかくそまって

おります。

Resize0837

厳島神社の回廊をはさんで本殿を望む。PM5:30で入場

終了。すでに6時をまわっており、参拝客みられません。

Resize0838

大鳥居くぐりは、夜間観光船の最大の売り物。とはいえ、干

満によって、影響を受けることはあたりまえですが・・・・・・。

Resize0839

宮島に宿泊したことがありませんから、夜景を撮ったのは初

の経験でした。無精するものではありませんね。

2007年11月28日 (水)

宮島、紅葉風景(5)

宮島、紅葉風景その5です。今回は、藤の棚広場から、もみ

じ橋、水族館ちかくまでの紅葉を紹介します。

藤の棚広場、四方いたるところ黄紅葉、その中にマキやシイ、

マツ、スギなどが混じり一幅の絵のようです。

Resize0831

もみじ橋、押し合い圧し合いの見物客、付近の黄紅葉はとくに

鮮やかです。

Resize0832

視線をかえてもみじ橋の側面、下方からの風景です。

Resize0833

しにせ旅館、岩惣ちかくの紅葉はみごとでした。

Resize0834

午後5時ちかい、歴史民族資料館から水族館にむかう坂

道。ひだりにカエデ、みぎにサクラの紅葉がキレイでした。

通り過ぎて振りむく、東の空に小望月(満月前夜)が淡く、

のぼっています。小望月をスポット測光し、シルエットにし

てみました。

Resize0835

2007年11月27日 (火)

宮島、紅葉風景(4)

宮島、紅葉風景その4です。

きょうの写真は、大聖院手前から自然散策道、もみじ歩道

付近の風景です。

きそい合うように黄紅葉するカエデ

Resize0819

カエデの落ち葉がジュウタンを敷き詰めたように・・・・もう

秋も終わりなのですね。

Resize0820

こちらは盛りの紅葉

Resize0821

みはらし台から大鳥居を見下ろす風景

Resize0822

紅葉、黄葉、いやあ~、みごとです

Resize0823

2007年11月26日 (月)

宮島、紅葉風景(3)

宮島、紅葉風景その3です。

光明院へむかう自然散策道、みごとな紅葉の穴場ともいえ

る。カエデや、サクラ,ヤマハゼなどが多く植生されている。

小鳥の名は不明だが数羽、イロハモミジの周りを忙しなく飛

びかって、真っ青な空に美しく映えています。

Resize0814

蔵のある古民家の庭に、鮮やかなイロハモミジが植えら

れ、白壁とみごとにマッチしております。

Resize0815

  ”紅葉を、額縁に仕立てた、遠浅の内海(うみ)”

  拙句でした

Resize0816

紅葉するカエデの向こうに見えるのは、旧宮島町役場?だ

ろうか、これもきれいな配色といえましょう。

Resize0817

あざやかなイロハモミジと雲一つない青空、美しいですね。

Resize0818

2007年11月25日 (日)

宮島、紅葉風景(2)

宮島の紅葉風景その2です。千畳閣や隣接する五重塔の

周りには、意外にも紅葉スポットが多くあります。光明院近

くの散策道や、要害山の頂などイロハモミジやオオモミジ、

ハゼ、ミズキ、サクラなど紅葉する樹、イチョウ、コハウチワ

カエデ、ヤマハゼなど黄葉するものなど彩りを添える木々に

は事欠きません。

旅行ツアーも入ってくる紅葉スポットの一つです。左はサク

ラ、正面はカエデの紅葉。右はクロモジの黄葉のようです。

Resize0810_2

オオモミジの紅葉と千畳閣の大屋根、左に青々したマキ。

Resize0811_2

オオモミジと五重塔

Resize0812

姿が美しい彩り豊かなイロハモミジ。緑・黄緑・黄・赤・朱と

五彩のモミジが印象的です。

Resize0813

2007年11月24日 (土)

宮島、紅葉風景

連休初日(11/23)の宮島は最高の人出です。JR、松大船と

も乗船客のとぎれることがないほどです。

いま、まっ盛りの紅葉を見ようとするヒト・ひと・・・・・、人の流れ

にのりながら移動するのもかなりしんどい、ちょいとメインから

外れ、町屋通りに向かいましょう。こちらはかなり静か、自由に

うごけます。裏道から五重塔~大聖院~紅葉谷のコース。

この写真は、五重塔にかかるイロハモミジ、黄から赤へ、そして

朱へ。

Resize0807

大聖院前の大銀杏とカエデの枝振りがきれいです。

Resize0808

自然散策道のひとつ、もみじ歩道脇の紅葉と黄葉のカエデ

とイチョウ。

Resize0809

青天にめぐまれ楽しい紅葉狩りとなりそうです。

smc Pentax -DA★16-50mm F2.8 ED AL[IF]SDMで撮った

2007年11月23日 (金)

エノコログサとキク

Resize0804

エノコログサ、別名ネコジャラシの花穂の写真。日本の全土

に分布し、荒れ地、道ばた、どこにでも生育してます。青々し

ていた花穂が子犬の尻尾に似ているところから「いぬころ草」

と呼ばれ、それがなまって名付けられたといわれてます。

晩秋ともなれば、すっかり灰色がかり枯れ果てようとしていま

す。右斜め上方から、陽の光が洩れ微妙なボケとなりました。

Resize0805

手入れされたキクの鉢植えが、門扉前に置かれています。15~

20cm、大玉のキクで見事です。

キクの向こうにはイロハモミジの鉢植が黄葉、やがてくる紅葉が

待ち遠しいですね。さぞ真っ赤に色づくことでしょう。

Resize0806

2007年11月22日 (木)

朝焼け、漁船、日ので

Resize0795

宮島口桟橋付近から宮島にむかって撮った写真です。島の

稜線から雲までの色合いが、とても美しい朝焼けでした。

Resize0796_2

桟橋近くの船だまりから一隻の木造船が東に向かって出航し

ます。海面は朱金色に輝き、朝焼けに照り輝いております。

Resize0797

海岸近いレストランの、ガラスウインドーに、昇る朝日が映っ

ております。スモークドグラスが、強烈な朝陽を、適度に和ら

げウインドーが、額縁のような雰囲気にしてくれました。

2007年11月21日 (水)

スズカケノキの黄葉

Resize0783

スズカケノキ、別名プラタナスの黄葉した葉。

Resize0782

スズカケノキの枯れた落ち葉。あさ陽がまともに落ち葉に

降り注いでいます。オレンジ色に変色した落ち葉も、意外

ときれいですね、自己満足かな・・・・・

2007年11月20日 (火)

さくら紅葉、ため池

Resize0790

ボランティアの人が落ち葉を掃除してます、ごくろうさまです。

あさ陽が、まともにさくらを照らし清掃する人の影をとおく伸ば

してます。

Resize0791

ブランコを覆いかぶすように枝葉を拡げた、さくらの紅葉。

Resize0792

ため池に写る農家。あきを感じさせてくれます。

2007年11月19日 (月)

トウカエデ紅葉風景

Resize0787

逆光でトウカエデ撮ってみました。いま、まっ盛りの紅葉。

Resize0788

紅葉のアップ、トウカエデだとハッキリわかる特徴ある葉です。

Resize0789

この日、早朝に落葉したトウカエデの葉。

2007年11月18日 (日)

木立ダリア(皇帝ダリア)

メキシコ原産のダリア、木立ダリアです。キダチダリア、とい

う人もないわけではありませんが、コダチダリアと呼ぶのが

一般的です。またの名を、皇帝ダリア。15cm前後の花が、

およそ3mの高さに咲いています。樹のようにみえますが実

は茎、切ると中はガランドウです。

花色は薄紫色で、他のダリアの豪華さに比べ控えめに見え

ますが、なかなかにどうして花の形は、押しの強いはっきり

としたものです。別名、”皇帝ダリア”という名に恥じない、風

格あるたたずまいといえましょう。

Resize0784

Resize0785

Resize0786

2007年11月17日 (土)

イチョウとハナミズキの黄葉

Resize0780

すす斑病に侵されたイチョウの葉だと思われます。

だとすると、病原菌はカビ(糸状菌)、ICボルドー、Zボルド

ー、エムダイファー水和剤などの薬剤散布がおこなわれま

す。それにしても、すす斑病に侵されたイチョウの葉、それ

なりに写りがさまになってます。

Resize0781

ハナミズキの葉が鮮やかな色に紅葉しました。真っ青な秋の

空に映えてますます鮮やかさが際だってみえます。

赤い実の集合果、食用にはならないけど、赤色に熟したもの

は、ヒヨドリなど野鳥の大好物です。茶色っぽい花芽は冬芽、

円盤状で上に伸びあがってますね。虫食いのない鮮やかなハ

ナミズキは貴重です。

2007年11月16日 (金)

菊と薔薇の花が咲いてます

Resize0778

キクがきれいですね。人の手が入った懸崖づくりのキクも

美しいものですが、自然に咲いたものは、とりわけこころを

和ませてくれます。

Resize0779

公園のフェンス沿いに植えられたバラ、ショッキングピン

クとでも表現したい鮮やかなピンクです。なめらかに艶や

かな花びらが、かるくカールしてるところは、造形の神様

からの賜り物としかいえません。

2007年11月15日 (木)

宮島競艇練習風景

11月14日~18日にかけ開催される「デイリースポーツ

創刊60周年」記念レース。出場選手の一部がコースの練

習に、凄まじい爆音を響かせて走っております。豪快です。

Resize0775

Resize0776

Resize0777

斉藤選手はB1級、長谷川・谷選手はA2級のようです。

コーナーへの突っ込みと立ち上がりを入念になぞっている

ようでした。この日はレース前の13日午後です。すでに14

日の結果は判明してると思いますが、門外漢のわたしには

どれがどうなっているのか不明です。

2007年11月14日 (水)

前空台公園の紅葉

廿日市市前空台に足を伸ばしてみました。近年新しく開発

された住宅団地ですが、目に付いただけでも公園が4カ所

あります。前空台1号公園北側、見事な紅葉がはじまって

ます。カエデの仲間のトウカエデのようです。

Resize0772

光沢のある葉、先が三つに裂け、やや切れ込みは浅い

(深いものもある)。もみじ型の葉は頭をすこし垂れぎみ

ですね。緑色から黄色~朱色~紅色と葉の色が変化す

ることもあって、ながく観賞できます。

前空台3号公園では、さくらの紅葉がみられます。これも

きれいに色づいています。

Resize0774

春は花を、夏は青葉を、秋には紅葉を、冬には伸びやか

な枝振りをみせてくれる、”さ・く・ら”日本人が最も好きな

花であり樹木ですね。

2007年11月13日 (火)

ベニバナボロギクの綿毛

Resize0771

山道を歩いていると白い綿毛をみせたベニバナボロギク

むれが目に着いた。くすんだような赤い筒状の花が下向き

についている。アフリカ原産の帰化植物。いまでは、全土の

暖地に多く自生しています。

Resize0770

イチョウ並木の向こうから日が昇ってきます。冷え冷えとした

まわりの空気がすこしづつ温められ、過ごしやすい一日をき

ょうもおくれそうです。

2007年11月12日 (月)

ちゅーピーまつりその2

ステージでは、ひろしまFFの呼び物「きんさいYOSAKOI」が

初披露され、地元広島の「綺羅人」、「Ease舞」の30人で賑

わった。まず綺羅人の舞台。

Resize0765

つづいてEase舞、年少のチーム員が可愛い踊りを披露。

Resize0766

スペースワールドのラッキー&ヴィッキー。

Resize0767

今年限りで引退する広島東洋カープの佐々岡真司さんや青

木投手など4人によるトークショー。引退は残念だが、第二

の人生の幸せを祈りたいものです。

Resize0768

広島カープ、15年間のBクラスという低迷を脱して、優勝

を祈願する「折りづるみこし」に夢を書き込んでる親子の

願いはなんだろうな。

Resize0769

そのほか会場では、広島・山口・島根県の郷土料理・特産

物を販売するコーナーもあり一日中多くの人出で賑わいを

みせたのでした。

続きを読む "ちゅーピーまつりその2" »

2007年11月11日 (日)

中国新聞ちゅーピーまつり

地域のひとたちとふれあいながら新聞づくりの魅力をしって

もらうまつりが、11月10日広島県廿日市市大野の中国新

聞広島制作センター「ちゅーピーパーク」で開催されました。

澄みきった秋の快晴にめぐまれ心地よい一日でした。

山陽女学園高校マーチングバンド部の華麗なる演技を紹介

します。

Resize0761

Resize0762

Resize0763

つぎの写真は、ひろしまフラワーフェスティバルの美しいフ

ラワークイーンです。笑顔がとてもステキですね。手には、

「きんさいYOSAKOI」の鳴子をもっていますね。

Resize0764

2007年11月10日 (土)

柿の実

Resize0759

雨上がりの柿の実に水滴がキラリと光っております。

こちらの柿の葉はミドリをのこし、紅葉には間があるよう

です。

2007年11月 9日 (金)

柿の葉、二葉

Resize0758

あさひを透かすように、裏側から柿の葉を写してみました。

自然の彩りは、こころ豊かにさせてくれます。

Resize0760

順光で柿の葉を写しますと色鮮やかな柿色でした。

落ちた柿の葉っぱを3~4枚よく洗って夜食の秋刀魚の下

に敷いてみました。高級料理店の雰囲気が味あえますよ。

2007年11月 8日 (木)

お茶の花

Resize0757

お茶のつぼみ、右下には花が咲いています。むかしは、

農家の庭には、庭木や生け垣として、よくお茶の木が植

わっていました。自家用として栽培されていたのでしょう

けど、食生活が豊かになるにつれ、次第に忘れさられて

きました。じつはお茶の花が咲くのは余りよいことではな

いのです。晩秋から冬にかけて栄養分を蓄える時期に、

花が咲くと養分を花に吸い取られ、美味しい新茶にはな

りません。茶畑の管理が十分でなく土壌や環境がお茶の

木にとって、芳しくない場合に花が咲くそうで、お茶どころ

や有数の茶園は、さすがに咲かせることはありません。

茶摘みや栽培に無縁なわたしたちは、こんな花も可憐で

つましい感じがいたします。

2007年11月 7日 (水)

カリンの実

Resize0756

いい香りがするので見上げると黄色く熟したカリンの実がな

っています。実は熟しても生では食べられませんので、砂糖

漬け、蜂蜜漬け、あるいはカリン酒などにすると美味しいそう

です。採取するのは、12月に入って暗黄色になった頃がいい

のかな。

2007年11月 6日 (火)

ヒマラヤトキワサンザシ?

Resize0755

ヒマラヤトキワサンザシは、ピラカンサ・カザンデマリの別名

があり、一般的にはピラカンサの名前で出回っております。

ただ、トキワサンザシとの見分けは正直いってわかりませ

ん。どちらも、枝からこぼれ落ちそうなほどの実がつくのが

特徴的で、庭木や生け垣として利用されます。たわわな実

は、冬の間もずっと枝に残り、わたしたちの目を楽しませる

と同時に、鳥たちの食料となります。

2007年11月 5日 (月)

紅葉したハゼ

Resize0754

平地でもハゼの葉が真っ赤に色づいてきました。

この中・下旬には、ハゼはもとより数多(あまた)のカエデも

紅くそして黄色く色づくでしょう。ハゼの木の下を通っただけ

でもかぶれる、といわれていましたが実際小学生の5年生

のときにかぶれました。3日間顔に斑点ができ友達にから

かわれたことがあります。しかし、綺麗な紅葉ですね、思わ

ず触りたくもなります。

2007年11月 4日 (日)

色づきはじめたイチョウ葉

Resize0753

イチョウ並木の葉が少しづつ黄色に色づきはじめてる。

独特の匂いをきらい、イチョウの雌株は街路樹には敬遠

されるようで、銀杏(ぎんなん)がなる木はみられない。

緑色から、徐々に黄色みを帯び始めてる。朝の冷え込み

がもう一段と厳しくなれば、美しい並木がみられるだろう。

2007年11月 3日 (土)

500系レールスター

JR西日本の500系レールスターです。ロングノーズのかっ

こいい新幹線、1997年鮮烈なデビューを飾りました。

Resize0752_2

列車形式の知識がなく、興味もない一般利用者にまで”500

系のぞみ”の呼び名で浸透したほどの人気者。

最高時速300キロは、当時フランス国鉄”TGVアトランティック”

と並んで世界最速でしたね。

2007年11月 2日 (金)

葉を落とした桜

いまはすっかり葉を落とし、丸坊主になった桜の木。

Resize0751

新しく芽生え青々とした葉を着けるのはまだ先のこと。

青空に大きく枝を広げ、やがて来る春に備え、太陽の恵

みを、少しづつ蓄えているようです。

2007年11月 1日 (木)

あさやけ

10月31日の朝焼けです。午前6時33分頃、カキ筏をスポ

ット測光し、AFを宮島北東端の小島に合わせた写真です。

1/160,F5.6, 200mm  (6:33:42)撮影。

Resize0749

10月31日上の写真と前後して撮影。江田島・能美島に焦

点を合わせた。ほぼ同時刻にも係わらず朝焼けの印象が

まるで違って見える。

1/200, F6.3, 50mm  (6:33:58)撮影。

Resize0750

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »