« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

落ち葉焚き

Resize0746

ちょっと変わった路を歩いてみたい。きまったコースだと時

に飽きるものです。山沿いの細いあぜ道、柿木が数本赤い

実をつけて、取入れを待ってるようです。渋みがありそうで

正月に甘みのふかい、酔い覚めに効く吊るし柿になるだろ

うな、とおもいました。ほとりでは、落ち葉をかき集めて焚

き火、あおい煙がしずかにたなびいて美しい風景をみせてく

れます。おそらく焚き火の中には、さつまいもやアルミフォイ

ルにくるんだとうもろこし椎茸などが入ってるに違いないと

勝手に想像したりしてます。おとなしく待ってる柴犬だってそ

れが目当てなのでしょうから?

秋は深まっていきます。

2007年10月30日 (火)

カキ筏

Resize0748

牡蠣の美味しい季節がやってくる。クレーンを備えた船は

筏を移動させようとしてるのかな。

カキ筏のまわりは、小魚が集まってくる、イカダに羽を休め

ているのはカモメ?、低く飛んでるのもみえる、狙ってるの

だろうか。

2007年10月29日 (月)

10月28日のあさやけ

Resize0747

きのうの日ので。まわりをすっかり朱くそめた、すばらしい

朝焼けです。

風もなくおだやかな朝。色づきはじめたイチョウ並木の葉

は、そよともしません。

あきの行楽には、たのしい日となるでしょう。

2007年10月28日 (日)

金色に光る海

Resize0745

あつく雲に蔽(おお)われていた陽が、透き間をこじ開ける

ように海面を、金色(こんじき)に染めていく

小さな船は、緩やかに波紋を拡げながら西にむかう。

カモメが数羽、カキ筏(いかだ)が遠く、小さなシルエットに

なっています。しずかで穏やかなその日が明けていきます。

 

廿日市市阿品のふじタウン付近から、

Pentax K10D + smc PENTAX-DA ★ 50-135mm F2.8

ED AL[IF] SDM で撮ってみました。

1/2500、F11,絞り優先AE,ISO感度100、スポット測光、

焦点距離135(202)mm、WB曇天。

2007年10月27日 (土)

厳島神社での結婚式

結婚式がすんだあとの記念写真、外国人観光客は、大はし

ゃぎでカメラを向けています。日本人だって厳島神社での結

婚式は非常に珍しいものですから、シャッター音がしばらく鳴

り止みません。わたしもプライバシーの関係から、大写しして

ないものを、アップさせてもらいました。もし、知人・友人のか

たが、偶然でもブログをごらんになり、ご不快の思いをなさっ

た場合は、その旨コメントください。即座に写真を削除いたし

ます。

Resize0736

白無垢、角隠しの花嫁さん、お顔をお見せできないのは、わ

たしとしても非常に残念です。清楚でうっとりするような素晴し

い花嫁さんでした。

笑顔と、まっしろな歯並びが、とてもチャーミングでした。どうぞ

いつまでも、お幸せになられますことを、心よりお祈りいたしま

す。おめでとうございます。

Resize0742

花嫁・花婿の、初々しいすがたをみてまもなく、小鹿ペアを

偶然みつけました。これからの幸せな家庭を、想像させて

くれるような愛らしさですね。なぜか自転車が数台、きちん

とスタンドをかけて、置かれているところが、アンバランスで

す。

Resize0740

2007年10月26日 (金)

厳島神社と大鳥居

厳島神社の裏側からみていると、桧皮葺の屋根に草やコケ

が、生えております。こうした屋根もいい雰囲気ですね。

Resize0734

能舞台が左手前。潮の引いた遠くに大鳥居がみえます。

今夕(10/22)は、この能舞台で観月能が繰り広げられます。

満ち潮の揺らめく水面に、宵月がきらりと写る幻想的な雰囲

気の中で、現世を忘れさせてくれる能が演じられることでしょ

う。その準備に、関係者の人が汗を流していました。

Resize0735

宮島観光スポット。厳島神社とともに代表する朱の大鳥居、

高さ16m、樹齢400年前後のクスノキの自然木探しが悩み

のたねとか。

Resize0739

2007年10月25日 (木)

五重塔、千畳閣、九本松

この写真は、千畳閣とおなじ敷地にある五重の塔です。

応永14年(1407)建立。禅宗様(ぜんしょうよう)に、和様

(わよう)を加えた屋根の軒先の反りが大なのが特徴のよう

です。総高29.3m。朱色と青空の配色が鮮やかですね。

Resize0741

千畳閣、天正15年(1587)秀吉が安国寺恵瓊に命じて,

建立させたが、秀吉逝去のため未完成なのは残念です。

この写真は、千畳閣の回廊床下を撮ったものです。柱など

木材の大きさがすごいですね。

Resize0733

大願寺の九本松。頻繁に来島していた伊藤博文公が植えた

とされるクロマツ。樹高18m、根元から九つに分かれて伸び

ています。

Resize0743

2007年10月24日 (水)

秋の宮島

久しぶりに宮島へ向いました。JR連絡船は乗客サービスに

熱心です。遠回りですが、朱の大鳥居近くまで、よってくれま

す。瀬戸内は干潮の差が大きく引き潮にかかっていますね。

Resize0732

拝殿を写しています。朱塗りの柱が鮮やかです。

Resize0738

平日ですが、厳島神社の人気スポット、大鳥居をバックに、

記念写真を撮る人の、順番待ちが続いています。若いグル

ープ、表情豊かですね。干潮時には、大鳥居の真下まで歩

いていけます。

Resize0737

2007年10月23日 (火)

ムクゲと野ボタン

ムクゲの花を裏側から撮ってみました。やや逆行気味です

がボケもきれいに効いてます。

Resize0729

ノボタンの花です。紺紫の花で、昔から栽培されている品種

です。花も美しいのですが、うぶ毛におおわれた柔らかい葉

は、さわるととても気持ちよく、見た感じもキレイです。

花期は8~11月頃です。 シコンノボタン?かも知れません。

Resize0730

ノボタンを”ソフトフォーカス”で撮ってみました。花びらも産毛

の生えた葉も、柔らかくソフトでやさしい仕上がりとなりました。

Resize0731

2007年10月22日 (月)

空・くも・海、秋です

空は高く、くもは白く、うみは蒼い、あきの風景はこころに染

みとおるようです。

北西のそらです。白雲のかたちがきれいです。

Resize0726

南のそらです。宮島が蒼くうかんで見えます。

Resize0727

東のそらです。海面の上に、くもが浮かんでるようです。

Resize0728

いずれも、Pentax DA★ 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM

で撮った

2007年10月21日 (日)

秋たけなわの風景

Resize0722

稲刈りもおわり、一息ついた朝の田んぼに、籾殻を燃やす煙が

白くたなびいています。のどかな田園風景です。

Resize0723

きのう、可憐な花を咲かせた、フヨウの花びらは、その役割を

終え、きょうの華やぎは、となりのツボミに託します。

Resize0724

棚田の傍らを登校する小学児童たち。

Resize0725

秋の七草、(はぎ)、そして尾花(おばな、ススキの別名)。

いずれも、Pentax DA★ 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM

2007年10月20日 (土)

備北丘陵公園、ひばの里2

中国山地のくらしと懐かしいふるさとの景色をコンセプトに

した「ひばの里」は、国営備北丘陵公園のメイン施設の一

つです。備北地方の農家の生活風景がなつかしく思い起こ

させます。

用水路をイメージしながら、小川と滝をしつらえた庭園。

Resize0718

水車小屋、中では精米をしてます。

Resize0719

すいれんのため池に、ススキの穂が揺れて。

Resize0720

すいれんのため池に面して、茅葺き屋根の農家が見える。

いずれも、SMC Pentax DA ☆ 16-50mm F2.8 ED

AL[IF]SDM で撮った。

Resize0721

2007年10月19日 (金)

備北丘陵公園、ひばの里

備北地方の古民家を再現したひばの里は、昔懐かしい茅

葺き屋根、豪農の屋敷など、いま少ないふるさとを感じさ

せてくれるものでした。

かっての豪農の家を再現した「比婆さとやま屋敷」、母屋・長屋

門・土蔵・納屋・離れなど、そのうえ庭園まであります。

Resize0714

なつかしい「かやぶき農家」1、竹細工・木工の体験工房と

なっています。

Resize0715

かやぶき屋根、緻密な仕上げです。

Resize0716

「かやぶき農家」2、そばうち処となっています。

いずれも、SMC Pentax DA ☆ 16-50mm F2.8 ED

AL[IF]SDM で撮った。

Resize0717

2007年10月18日 (木)

150万本のコスモス

国営備北丘陵公園には、150万本のコスモスが見ごろを、

迎えている、との情報を得て早速家族と見物に。なるほど

うたい文句に偽りなくコスモスが咲き乱れています。

コスモスまつりも21日まで、萎れたものも少しみられたよ

うでしたが,今週いっぱいは十分楽しめることでしょう。

Resize0711

Resize0712

Resize0713

SMC Pentax DA ☆ 16-50mm F2.8 ED AL[IF]SDM で撮った。

2007年10月17日 (水)

近所の風景その2

smc Pentax DA ☆ 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDMで撮影

した画像です。すべてAFで撮影しました。

あさひは、まだ顔をだしていません。太陽の周りの色が、と

ても美しいので、シャッターを押していました。

Resize0708

スズカケノキの葉と葉かげ。べつの葉の影がくっきり焼き

ついて見える。対比が面白く写してみました。

Resize0709

黄色に色づきはじめた、イチョウの葉。露出オーバー気

味に撮ってみました。

Resize0710

2007年10月16日 (火)

近所の風景その1

smc Pentax DA ☆ 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDMで撮った

画像です。すべてAFのスピードと、合掌結果を見るために、

オートフォーカスで撮影しました。ぶれているのは、おそらく

撮影者サイドに、問題あるものと思います。

まず、たわわに実った稲穂。

Resize0705

つぎに、華やかなダリアの花、まだ開ききってないですね。

Resize0706

つぎの写真は

ジュウガツザクラ?かな。各地でサクラが咲いたとの、花

だよりを聞き、天候不順・温暖化の影響となげいています

が、さてどんなものでしょう。ジュウガツザクラはその名の

とおり10月~4月に開花しますから、珍しくもなく当たりま

えなんですね。5弁と八重があります。あきに、葉が落ちる

前から咲きはじめ、葉っぱがなくなる真冬に満開になるそ

うです。はたして、下のサクラは、ジュウガツザクラでしょう

か、真冬が楽しみです。

Resize0707

2007年10月15日 (月)

はじめての☆レンズ

smc Pentax-DA 16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM を、10

月12日に買いました。はじめて買うレンズです。

Resize0704

このレンズを買うにあたっては、あれこれと検討しましたが、

結果的に購入の、あと押しをしてくれたのは、皮肉にもネット

ショップのミスでした。その顛末はあらためて書き込むことに

しますが、手にした感触は”重いけどシックリいく”。微妙な表現

だけど写すうえで、かなりのポイントだと思います。

さて売りものの、超音波モーターによるAF。静かでスムーズに

うごく。ギーコギーコと迷う感じがまるでないのが、すごい。

当然、滑らかにMFへ切り替わるクイックシフトフォーカスも採用

されており、レンズ先端側に備わる幅広の、ピントリングはとて

も操作しやすいのがありがたいですね。 テレ側のボケ味が柔ら

かくキレイだといいのですが・・・・・。 さて、レンズの性能は十分

のように思えますが、ウデの伴わないのが問題です。☆レンズ

に振り回されないよう精進あるのみですね。

2007年10月14日 (日)

栗のみがはじけた

Resize0703

ことしはクリの実が少なくかんじます。昨年は歩いていても、

ずいぶん実が落ちていて、クリご飯を頂戴したものでした。

大きさも小振りで、イガが弾けるのも2~3週間遅いようで

す。クリの木をみつけると、習慣的にイガをみてましたが、

やっと写真に撮ることができました。

開花するときは、特有のむせ返るような臭いに閉口しますが、

味はなかなか美味しいものです。

クリの実のことを、「マロン」と云いますが、本来はチノキ科

マロニエの実のことです。かつて、マロニエの実を使って、

マロングラッセを作っていたようですが、のちに、クリの実で

代用するようになった結果、マロンにクリの意が生じたといわ

れています。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月13日 (土)

弾けましたザクロ

Resize0702

庭から突き出すようにザクロの枝が伸びています。8月中旬

頃から実がつきはじめ、徐々に赤味をましていきます。

10月に入り、いよいよと思っているうちに、パクリと口を開け

写すのを、待ってくれているようでした。撮ったのがこの一枚で

す。ザクロは、小アジア原産で、紀元前から栽培された古い歴

史があり、日本へは平安時代に渡来したそうです。秋になると

5~8㎝の実がつき、熟すと口をひらくように割れ、なかから赤

くて甘いゼリー状の種子が、あらわれます。

この写真も拡大すれば、その状態がよくわかります。ザクロ、

秋を感じさせてくれる果実の一つです。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月12日 (金)

紅葉した柿の葉

Resize0701

旧山陽道の古道を歩いていますと、柿の木が目につきます。

あまりにも、キレイに色づいていましたので、シャッターをパシ

リ。秋を感じさせる一枚でした。

柿の葉といえば、柿の葉鮨を頭に浮かべます。この謂れをし

らべてみました(柿の葉すし本舗たなかのブログを引用)。

江戸時代、奈良五條へは、紀ノ川をさかのぼって、海産物や

塩が運ばれてきました。鯖や鮭などの魚は、腐敗を防ぐため

塩をして持ち運んだようです。たまたま塩鯖の切り身を、にぎ

りめしに添え、柿の葉で包み、川石を重しに、一晩置いたとこ

ろ、ひときわ風味がまし美味しくなったことから、柿の葉すしが

始まったといわれております。

・・・・・・・・

柿の葉の中にはタンニンが多く含まれてますね。タンニンは、

防腐剤の役目を果たすことが解ってますし、血液の循環をよ

くして血圧を抑える効果があるとされてます。またビタミンCも

豊富ですから、健康茶としても用いられています。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月11日 (木)

秋色のあさひ

Resize0700

秋のあさひは、優しいですね。数週間前とくらべると、あさひ

の色も肌ざわりも確実にちがいます。カメラをかまえ構図を

きめ、シャッターをおす。どこからともなく、キンモクセイの香

りが、漂ってきたりします。やさしい風とあまい香りは、秋色

のまっただ中を感じさせます。早朝散歩が、もっとも多くなる

時期でもあります。 ”おはようございます” その挨拶のなん

と涼やかなこと・・・・・・

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月10日 (水)

ツリバナの実が弾けた

Resize0699

ツリバナの実は長い果柄にぶら下がって稔ります。実はボ

ールのように丸く直径1cmほど。実は9月のおわりころには

赤く熟し、五つに割れ中から朱色の種子が顔をだします。

なかなか果皮から離れそうで離れません。鳥に食べられる

のを待っているんでしょうか。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 9日 (火)

ヤマボウシの実

Resize0698

ヤマボウシ(山法師)は、本州・四国・九州の山野に自生し

ています。樹高は5~10m幹は、ほぼまっすぐに伸びる。

ヤマボウシの実は、集合果で、形がサッカーボールのよう

な亀甲模様。同じヤマボウシ属でもハナミズキの実は、そ

れぞれ分かれているが、ヤマボウシは、同じ属とは思えない

ほどの違いです。このような、いくつかの実が合着して、一

つの実を形成しているものを集合果といいます。

実は1~1.5㎝で初めは、上向きに突き出すように付き、

しだいに垂れ下がってきます。赤く色づいて熟すと、スカスカ

した感じですが、甘酸っぱくておいしいですね。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 8日 (月)

イロハモミジの紅葉

Resize0695

ちかくの山では、紅葉がはじまってます。イロハモミジです。

イロハモミジは福島県以南の身近な山地に自生しています

が、古くから庭園や寺社などで観賞され、一般家庭にも植

えられています。日本の秋を赤色に染める紅葉の主役とも

いえます。一般的にモミジと呼ばれる、カエデ科の仲間のな

かでもとくに鮮やかな真紅の葉色です。イロハモミジの名前

の由来は、葉の裂片を数えるとき、「イロハニホヘト」(7裂の

葉の場合)と数えたことにあるそうです。しかし5裂もあり、とく

に若枝では5裂のことが多いようです。

これから秋本番を迎え、紅葉の名所が美しく、彩られるの

が待たれます。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 7日 (日)

ソテツ、なんとも大きい

Resize0686

毎日コースを変えるようにしていますが、道は限られてい

ます。何度も同じ道を歩くことになりますが、こんなソテツ

は初めて眼にしました。いい加減なものですね。

ソテツのことを少し調べてみました。

・・・・・・

ソテツは九州南部から沖縄に自生しています。幹は直径

30cmくらいで,高さは2m~5m。

古い葉柄(ようへい)の基部が残り、うろこ状に見えます。

雌雄異株(しゆういしゅ)で,雄花,雌花とも茎(くき)の

(いただき)に付き、夏に開花。

雌花は多くの胞子葉(ほうしよう)の集まったもので,その

胞子葉の下のあたりに、胚珠(はいしゅ)がつきます。

胚珠は秋から冬にかけて成熟し,長さ4cmほどの赤色の

種子になります。

種子や幹は、多量のでんぷんを含むため,かつては食用

にされましたが,有毒物質を含み、しばしば中毒が発生し

たため今は殆ど食べられていないようです。

この写真は、雌花です。中にはびっしり赤いソテツの実が

詰まっているでしょう。

Pentax FA 35mm で撮影した。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 6日 (土)

コムラサキの実

このあか紫の花の実は、ずっと前から「ムラサキシキブ」だと思ってました。ブログに掲載するさい、あれでもと思い、調べてみますと、ムラサキシキブとよく似たコムラサキだとわかりました。しかも、ムラサキシキブと呼んでるほとんどは、コムラサキだというのです。

花の咲く位置や、実の大きさの違いなどいろいろですが、簡単な見分け方は、葉の鋸歯(きょし)が違うようです。

ムラサキシキブは、葉の基から先端までギザギザの鋸歯となっていますが、コムラサキは葉の中程から先端までがギザギザなのです。写真を見ると、なるほど中程から鋸歯になっていますから、これはコムラサキだとすぐにわかります。

里道などを歩いていて、濃い紫色の実をびっしりとつけた、ムラサキシキブを見たことがよくありますが、コムラサキだったのかもかもしれないですね。これからは、手にとってしっかり確かめてみることにしましょう。

このコムラサキ、別名をコシキブというそうです。コシキブは、美人の誉れの高い和泉式部の娘、小式部内侍(こしきぶないし)にあやかった名だそうです。ムラサキシキブ、コシキブ、いずれも優雅な名前ですね。

Resize0683

Pentax FA 35mm で撮ったものです。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 5日 (金)

東のくも、西のそら

Resize0693

この写真は、いわし雲が、朝陽を覆い隠すように、群れ

集まっているように見える、珍しいものです。

シャチなどに追われて、東に逃げている、そのようにも、

感じられます。みごとないわしの群泳?です。

Resize0692

一方、西の空はまともに、あさひをうけて、鮮やかな青い

空となっています。しろいひつじ雲が、交叉しているように

見えます。くもの形や色は、時々刻々、千変万化ですね。

Sigma 17-70mmで撮った。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 4日 (木)

フヨウの花

Resize0684_2

散歩してますと道ばたに白い花が清々しく咲いています。

ムクゲかと最初に思いましたが、雌しべが雄しべの中から一

段とのび、五つに割れその先っちょが、かくんと折れ曲がって

います。フヨウだとわかりました。こんな綺麗な花でも、夕方に

は花を閉じてしまいます。はかなく、あっけない花の一生です。

それでもつぎの朝には、つぼみが開き清らかな花を咲かせて

くれます。またつぎの朝には、・・・・・、約3~4ヶ月間は、つぎ

つぎとつぼみが開き、わたしたちの眼を和ませてくれます。

ところで、中国では芙蓉といえばハスの花のことで、フヨウは

木芙蓉というようですね。なんとも可憐で清楚、爽やかな秋に

相応しい花です。

Resize0685

Pentax FA 35mm で撮影した。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 3日 (水)

稲刈り、はじまりました

Resize0691_3

稲刈りがはじまりました。最近は、コンバイン(1台で刈り取

り機と脱穀機を兼ねる機械)で、だだぁ~っと、稲を刈り取

る農家が増えてますから、写真のような、稲木による天日干

しは、少なくなってます。ちょっとさびしい気がしますね。

しかし少ないながらも、天日干しをつづける農家もあります。

ここで、近頃珍しくなってきた、稲木による天日干しのやり方

を述べてみたいとおもいます。ご存知の方は、無視し読み飛

ばしてください。

・・・・・・・・

稲木は、横から見て正三角形よりやや狭く、風通しのことを

考え、南北方向に立てます。稲束を2対1の割合で二つに分

け、多い方と少ない方を、交互になるように稲木にかけてい

きます。

交互に掛けることによって、風に飛ばされにくく、中に雨が入

りにくくなりますね。わたしの幼いころは、これを二段・三段多

いのは四段掛けもありました。

乾燥する期間は、土地土地の気候風土にもよりますから、

一様にはいきませんが、10日~30日程度ですね。

稲刈りの後の田んぼで、わら束や籾殻の中にサツマイモや

ジャガイモを突っ込み、焼き芋にして食べる。貧しいながら

も、のどかで、幸せな、ひとときでしたね、あのころは・・・・・

Sigma 17-70mm で撮影。

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 2日 (火)

NG2345購入

Pentax K10Dに標準ズームレンズを装着し、望遠レンズ+マクロレンズ各々1本入れて、デイリーユースに最適なショルダーバックはないだろうか。出来るだけ小さく、カジュアルにもスポーツなどにも違和感のないカメラバックをと、求めたのが、ナショナル・ジオグラフィック NG-2345でした。

まず必要なカメラ機材を全て入れてみました。総重量4㎏デイリーユースには、さすがにちょっと重いようです。カメラバックらしくないデザインでお気に入りになりそうです。メインフラップのポケット2つにはメモリカードやレンズフイルター、リモートコントロールなど結構はいります。

Resize0687

つぎにメインフラップを開け、悪天候でも内部をガードするジッパー式のセカンド・フラップを開く。メインコンパートメントがあらわれた。右側にデジイチ、左側には、パッド入りの箱形仕切り、中に2本レンズが入っている。結構すっきり収納できます。ポケット二つには、フイルター、ハンディライトボールペンなどを入れてます。

Resize0688

デジイチを引き出し、パッド入り箱形インナーボックス内のレンズをみています。左のレンズはボックス一杯の高さにしてもいいのですが、右側に入れるレンズはこれ以上高くすると、デジイチが入りにくくなりますので、注意が必要です。上の写真でお分りになると思います。

Resize0689

さて、最後にどんなものが入っていたのか見てみましょう。

Resize0690

PENTAX K10D にSigma 17-70mmをつけています。レンズは、Pentax smc DFAmacro 100mm+TamronAF18-250mm(Tamron 70-300mm望遠でもはいります).レンズフイルター、72mm,62mm,49mm 4枚でもOK.バッテリー2個、ハンディライト、メモリーカード、ボールペン、Pentaxリモートコントロール、Canonリモートスィッチ以上14点、4㎏となりました。サイズはつぎのとおり。

( 幅 × 奥行 × 高さ cm)内寸 : 23×12×17 、 外寸 : 24×16×19重量 : 800gこのショルダーバック使い勝手がよさそうです。Pentax FA50mmで撮影。コメントをいただければ、うれしくおもいます。アドレスなどは、省略されてもかまいません。

2007年10月 1日 (月)

秋ですね、空も海も

日中の気温が30度を超えても、空の、海の色は確実に夏

から秋に移っております。海岸べりに出かけると、ひときわ

肌にあたる風の変化に気づきます。

そらは青く澄み遠くの島々もハッキリとみえますし、海は碧

さを深めています。二隻のボートの向こうに、白く波をたて

て小型のモーターボートが走り去ろうとしています。

爽やかな昼下がりの瀬戸内海の一こまでした。

Resize0682

Sigma 24mmF1.8 で撮影した。1/250、f:7.1、ISO:100,

コメントをいただければ、うれしくおもいます。

アドレスなどは、省略されてもかまいません。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »