« 冬に逆戻り | トップページ | チューリップの花粉がいっぱい »

2007年4月19日 (木)

FISH-EYEは、おもしろいだけのレンズなのかな

きのうと一転、暖かい日になった。

昨日届いた、Pentax 10-17mm FISH-EYEを使ってみた。

海岸にいけば魚眼レンズにあった被写体もあるかもしれ

ないが、時間がとれないので近くでガマンした。

魚眼に相応しいのは、天空。幸い雨上がりのおかげ

なのか、青く澄み切っている。午後6時過ぎごろ、

東・南・西の空を順に撮った。

まず東の空。smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

Resize0461 つぎに、南のそら。smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)

たまたま、ジェット機の飛行機くもが一直線に南に向かっている。

Resize0462

夕景。smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED (IF)。

Resize0463

FISH-EYEの初練習は、すんだが、まだまだ使いこなしには、時間が

かかりそうだ。ともかく暖かくてよかった。

« 冬に逆戻り | トップページ | チューリップの花粉がいっぱい »

コメント

はじめまして。

一眼の魚眼、やはりいいですね。
少々高価ですが。
私はチープなレンズでしばし我慢しています。
でも、面白いですね。

FUPPYさん、こんばんわ。
はじめまして、よろしくお願いいたします。
ブログコメントいただき有り難うございます。
きょうは、水中花火がありまして、13時から場所取りに出向いておりました。さきほど帰ったところです。
これから、花火の写真整理しまして、あすのブログに載せようとおもいます。よろしければ、見ていただければと思います。よろしく・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FISH-EYEは、おもしろいだけのレンズなのかな:

« 冬に逆戻り | トップページ | チューリップの花粉がいっぱい »