ブログ、引っ越します

2009.1.23、gooブログへ引っ越しました。下記の「ちょうせんーデジカメ2」が重すぎ、皆様にご迷惑をおかけしているため、gooブログの「ちょうせんデジカメ」(http://blog.goo.ne.jp/kotarou-titi)へ引っ越ししました。これからもよろしくお願いいたします。

2008/10/1から、つぎのURLに引越しました。「ちょうせんーデジカメ2」(http://kotarou-titi2.cocolog-nifty.com)

葉鶏頭と朝顔・秋桜

ハゲイトウは赤・黄・緑・白に色づく葉を鑑賞するものですね。夏の中頃から晩秋にかけてきれいな姿を見せてくれます。ひじょうに鮮やかで美しい葉が印象的でした。黄色のハゲイトウです。

Resize1877

赤いハゲイトウ、鮮やかです。よく目に付くハゲイトウです。

Resize1878

アサガオは ”旬” が過ぎ、コスモスは ”走り” 。いずれも疎らに花を咲かせています。偶然の写真ですが、なかなか面白い対比ですね。

Resize1879

2008年9月29日 (月)

やま里にもあきが

やま里にも秋が、訪れています。わら縄で造られた竜神。地元の人の制作のようですが、おみごとです。

Resize1873

小さな堰の畔にヒガンバナがひっそり咲いています。

Resize1874

葉が少しづつ色づきはじめました。

Resize1875

小さな堰に、落ち葉が漂っています。いま少し経つと紅葉が美しいのでしょうが、まだまだですね。

Resize1876

2008年9月28日 (日)

鉄道模型

鉄道模型、マニアともなると垂涎のモデルがぎっしり展示してあります。国内はもとより、欧米各国の鉄道模型は実に精巧な造りだといえましょう。

Resize1869

Resize1870

Resize1871

Resize1872

2008年9月27日 (土)

群生、キバナコスモス

庄原市国営備北公園。キバナコスモスの花径は、4~5㎝のものが多く、花の基本色は黄色あるいはオレンジ色ですが、橙黄色や朱赤色などの品種もあります。

花の広場から地下道にむかうキバナコスモスの群生コーナーです。やや、整然としすぎ、かな?

Resize1862

手前から、サニーオレンジ、サンセット、レモンブライト、クレストゴールドがならんで植えられています。

Resize1866

クレストゴールドの向こうはサニーオレンジのようです。

Resize1867

左レモンブライト、右サンセットです。

Resize1868

2008年9月26日 (金)

青空にキバナコスモス

庄原国営備北丘陵公園の秋は、コスモスが有名ですが、やや時期が早いようです。いまはキバナコスモスが見ごろを迎えています。キバナコスモスと呼ばれているのは、コスモスの中のサルファリアス系です。コスモスと比較すると草丈が低いので、矮性種を選べばプランターなどで栽培するのにも向いています。

雲が多いながら青い空もときにみえ、キバナコスモスがくっきり映えています。この種は、キバナコスモス・サンセットです。

Resize1851

キバナコスモス・クレストゴールドです。花の広場、展望台が遠くにみえます。

Resize1852

キバナコスモス・サニーオレンジです。小道に沿ってひろく植えられています。

Resize1854

キバナコスモス・レモンブライトが青空に映えてきれいでしょう。

Resize1856

2008年9月25日 (木)

サボテンのなかま

キンシャチ、大きくて豪華ですね。

Resize1848

ウチワサボテン、実がびっしりついています。

Resize1849

テキーラ、これはゆうめいです。

Resize1850

2008年9月24日 (水)

いろんな植物

ソーセージノキの実。

Resize1842

グズマニア、熱帯アメリカ原産の植物です。葉が放射状に広がり、中心から派手な赤色などの「ほう」と呼ばれる葉が変化したものが伸びます。

Resize1843

ピレア・カーデリー、イラクサ科の植物です。葉が美しく、観葉として愛好家があります。

Resize1844

2008年9月23日 (火)

おがわの流れ

小川の流れが澄み切ってとてもきれいです。長らく雨が降らないため、水量は非常に少ないのですが、みどりの草や樹木の葉陰が水面に映りキラキラ輝いています。しずかに、ながれています。

Resize1840

Resize1841

2008年9月22日 (月)

めずらしい植物

アダン、タコノキ科。奄美諸島以南、南西諸島に広く分布しています。パインに似た実をつけます。

Resize1845

ケイトウホルン、子猫のしっぽのようなかわいらしい花穂で、茎はかたく空に向かってスプレー状に伸び1m以上の高さになります。

Resize1846

ニクイロシクシャ、ショウガ科の花、香りがとても良いそうです。

Resize1847

2008年9月21日 (日)

水車のまわる径

やまみちを歩くと水車がまわっています。むかしの川には、ところどころに水車小屋があり、コットンコットン、精米してましたね。今は、実用的なものより、装飾的なものが多いようです。

キキョウの花と水車。キキョウの花がとてもきれいです。

Resize1838

本格的な水車小屋がみえます。手前は、アジサイなのか、オオデマリなのかよくわかりませんが、枯れかかってみえます。

Resize1839

2008年9月20日 (土)

幻のマツダRX500

広島市交通科学博物館の企画展で展示されている、1970年代初期のマツダ試作スーパーカー「RX-500」です。40年前の車ながら、いま見ても新鮮な衝撃を感じさせてくれます。でも、でもですよ、横を、裏を熱心に見ているのは大人であって、子供たちには人気なさそうです。でも若い女性にはウケていたようです。2シーターだけに、デートカーには向いているのかな、とも思いました。

Resize1836

Resize1837

2008年9月19日 (金)

フヨウの花とつぼみ

ピンクのフヨウの花と、白いフヨウの花です。いずれも鮮やかに咲いています。前日華やいでいた花びらも当日には、しぼんだ姿になるのですね。でも、これはこれで、なかなか味わいあるものですよ。明日咲こうと、待ち構えるつぼみの傍らだけに、なんだか哀れを催します。

Resize1832

Resize1833

Resize1834

Resize1835

2008年9月18日 (木)

名月とライトアップ

「海の見える杜美術館」9月13~14日にかけて、”Mori Fes 10th,杜のフェスティバル2008”が開催されました。コンサートの様子は、撮影禁止で紹介することはできません。

9月14日は、仲秋の名月です。薄い雲に遮られて、名月はイチョウの葉の向こうで、淡く輝いています。これからひと月、過ぎるころには、黄色く彩られたイチョウ並木が、美しく風にまうことでしょう。

Resize1828

四季の杜遊歩道のライトアップです。

Resize1829

ワールド・フードコートの賑わいは、夜遅くまでつづきます。

Resize1830

バラの園には、いまはサルビアが、生き生きとライトに映えています。

Resize1831

2008年9月17日 (水)

庭園の仄かな灯り

廿日市市大野亀ヶ岡、山腹に建つ「海の見える杜美術館」。その敷地内にある”四季の杜”日本庭園のライトアップです。

Resize1822

日中は、子供たちの歓声で賑わう、水遊びコーナーのライトアップです。

Resize1823

桜並木は、秋の気配を漂わせて、しずかに暮れていきます。

Resize1824

9月14日、仲秋の名月、雲の合間にその姿をみせてくれます。

Resize1825

2008年9月16日 (火)

近未来都市へ

広島市交通科学館、3Fを占有した直径20mの巨大な交通パノラマ模型です。空港、オフィス、文化・アミューズメント、住居・学校、シティリゾート、生産・物流の6つのエリアと、これらをむすぶ乗り物・交通のシステムを模型で構成しています。

Resize1817

Resize1818

近未来都市では人々の暮らしと乗り物が毎日の生活の中でどのように関わっているかを見ることができます。高速列車、乗用車などが行きかい、大人にも楽しめる空間構成となっています。

Resize1819

Resize1820

2008年9月15日 (月)

温室の植物

植物園の大温室には、熱帯の植物が色鮮やかに妍を競っています。

ネペンテス、ウツボカズラといったほうがイメージが湧きますね。葉の先端から、まきヒゲ状のツルを伸ばして、その先端に”捕虫袋”と呼ばれるツボ型の虫を捕まえる部分を形成する食虫植物です。

Resize1813

トーチジンジャー、名前の由来は、花穂の形状が「トーチ」、つまり、火の点いた「たいまつ」に見立てた所よりきています。

Resize1814

オウコチョウ。花が咲いたオウコチョウを遠くから見ると、風にそよぎ、たくさんの蝶がまっているようなので、蝶の名前が付けられたと言われています。

Resize1815

パキスタキス ルテア。5~11月に黄色い紡錘状の苞(ほう)から、白い舌のような花を咲かせます。キツネノマゴ科パキスタキス属の常緑低木です。

Resize1816

2008年9月14日 (日)

ゴマフアザラシのポーズ

”ゴマアザラシ”、だという人が「ゴマフアザラシ」と正しく言える人よりもはるかに多いそうです。ゴマアザラシと勘違いするきっかけとなったのは、マンガ「少年アシベ」のゴマちゃん人気のせい、だというわけです。しかしおかげで、それまではパッとしなかった水族館のゴマフアザラシの人気が急上昇することとなったのは、水族館の人にとっては複雑な心境なのかもしれません。

ゴマフアザラシ、人懐っこいようですね。水槽に手や身体をピッタリ、くっつけますと、擦り寄ってきます。

Resize1810

けっこうジャンプしますね。てを、上に挙げるとそれを追いかけます。

Resize1811

手と手を合わせて、親愛のポーズだそうです。お娘さんの嬉しそうな笑顔が印象的です。

Resize1812

2008年9月13日 (土)

さんご礁の魚たち

さんご礁の魚たちです。背びれが長く伸びた、白と黒はハタタテダイ、下の赤いのはアカマツカサ、白黒の横縞模様がカゴカキダイ、赤いタイのように見えるのがヒブダイです。

Resize1807

ハタタテダイ、比較的飼いやすい種類で、見た目も美しいために、古くから観賞用として親しまれている魚です。

Resize1808

上がバラハタ、名のとおり鮮やかな朱色で、全身に赤色の小さな斑点があります。下はテングダイ。水深40~250mの岩礁やその周辺にすみます。

Resize1809

2008年9月12日 (金)

宮島水族館、大小の水槽

宮島水族館、大回遊槽を取り囲むように、大小50個の水槽群を配置しています。

ハマクマノミは、イソギンチャクの基へ卵を産みつけるようです。ハマクマノミはイソギンチャクと供利共生の関係にあるそうです。イソギンチャクの強力な毒によって、卵が守られる、クマノミはイソギンチャクの餌を運んでくれる、ということですが、実態はよくわからない、のです。

Resize1799

鮮やかな珊瑚ですね。熱帯魚の名はチェックミスです。

Resize1800

«大回遊水槽厚さ16.6cm